TRADITION

ザ・下克上の代表的人物、
斎藤道三
「戦国武将名鑑」

2021.4.29
ザ・下克上の代表的人物、<br>斎藤道三<br><small>「戦国武将名鑑」</small>

15世紀末から16世紀末、日本は戦乱の時代。室町幕府が完全に失墜し、守護大名に代わって全国で戦国大名が勢力を増した。日本史上の中でも戦国時代は、現代においてもなお伝説的な武将が多く存在している。人気の武将を図鑑形式で紹介する「戦国武将名鑑」。今回は、ザ・下克上の代表的人物、斎藤道三(さいとうどうさん)です。

≪前の記事を読む

生没年
1494?~1556年

Place
美濃国(岐阜県南部)
Data
由来|斎藤氏
改名|長井規秀→斎藤新九郎利政→道三
正室|明智光秀の叔母・小見の方
側室|深芳野ほか

二頭立波

司馬遼太郎の小説『国盗り物語』の主人公として一躍有名になった道三は、美濃地方を平定した戦国大名。京都の寺院に出家した幼少時代から、油商人を経て戦国大名となった物語は、北条早雲とともに下剋上を成し遂げた代表的な人物といわれる。しかし、一代で成り上がったのではなく、父の長井新左衛門尉との二代にわたるという説もある。1538年、稲葉山城(現在の岐阜城)を拠点に活動を開始。美濃を治めていた土岐頼芸(よりのり)と対立し、頼芸の居城・大桑城を落城させ、尾張へ追放。1547年には織田信秀を籠城戦で破り、1552年には美濃地方を完全に手中に収めたが、1556年、嫡男の義龍と争った長良川の戦いで戦死。63歳だったという。織田信長を早くから評価しており、娘である帰蝶(きちょう)を嫁がせたことでも知られている。

「悪人とは九天に在す諸仏諸菩薩のごとく……」

司馬遼太郎『国盗り物語』に登場する、道三の台詞。“美濃のマムシ”と恐れられ、悪逆非道な英雄として知られる道三ならではの発言。最後に「おれもそういう悪人になりたい」と締めくくっている。

年表

1494 美濃国で生まれたとされているが、生年や生誕地に諸説ある
1527 武芸と才覚で頭角を現し、土岐頼芸の信頼を得る。頼芸が家督相続に破れると、道三は頼芸を美濃国守護に擁立した
1530 長井利安を殺害。長井家を乗っ取る
1538 美濃守護代の斎藤利良が病死後、その名跡を継いで斎藤新九郎利政と名乗る
1547 織田信秀が稲葉山城攻めを仕掛けたが、利政は逆襲して織田軍を壊滅寸前にまで追い込んむ(加納口の戦い)
1552 相羽城主・長屋氏や揖斐城主・揖斐氏らを滅ぼし、さらに揖斐北方城に留まっていた頼芸を尾張国へ追放
1554 家督を息子の義龍に譲る
1556年 長良川の合戦で戦死

ゆかりのスポット

かつて稲葉山城と呼ばれ、斎藤道三の居城であった。織田信長によって攻略され、天下統一の拠点となった。

岐阜城
住所|岐阜市金華山天守閣18
電話番号|058-263-4853
休館日|無休
URL|https://www.city.gifu.lg.jp/3537.htm

≫次の記事を読む

知っておきたい人気の武将40人「戦国武将名鑑」
戦国時代の主な出来事
戦国武将勢力MAP
北条早雲
斎藤道三
毛利元就
松永久秀
今川義元
武田信玄
山本勘助
明智光秀
上杉謙信
大友宗麟
立花道雪
柴田勝家
小早川隆景
織田信長
滝川一益
竹中重治
黒田官兵衛
島津義弘
佐々成政
豊臣秀吉
蜂須賀正勝
前田利家
長宗我部元親
徳川家康
服部半蔵
前田慶次
真田信繁(幸村)
山中鹿之助(幸盛)
古田重然(織部)
山内一豊
藤堂高虎
蒲生氏郷
石田三成
島左近
直江兼続
福島正則
加藤清正
森蘭丸
伊達政宗
宇喜多秀家

Supervision=Sunao Kawaguchi text=Ken Motoshiro illustrator=Mariya Arai, A&W
2013年2月号「武士道」

岐阜のオススメ記事

関連するテーマの人気記事