TRADITION

伊賀甲賀の司令塔、
服部半蔵
「戦国武将名鑑」

2021.5.22
伊賀甲賀の司令塔、<br>服部半蔵<br><small>「戦国武将名鑑」</small>

15世紀末から16世紀末、日本は戦乱の時代。室町幕府が完全に失墜し、守護大名に代わって全国で戦国大名が勢力を増した。日本史上の中でも戦国時代は、現代においてもなお伝説的な武将が多く存在している。人気の武将を図鑑形式で紹介する「戦国武将名鑑」。今回は、伊賀甲賀の司令塔であり、槍の半蔵の異名を持つ武将、服部半蔵(はっとりはんぞう)です。

≪前の記事を読む

生没年
1542~1596年

Place
三河国(愛知県)
Data
由来|服部氏
通称|半蔵、石見守

八桁車の内堅矢

服部半蔵とは服部家の当主の名で、室町時代後期から江戸時代を通して12代続いた。いわゆる、良く知られる服部半蔵は徳川家康に仕えた2代目正成を指す。一般的には忍者として知られており、マンガやアニメのキャラクターのイメージとして引用された例は数えきれないほどである。なお、実際に初代服部半蔵は伊賀出身の忍者であったとされるが、2代目以降は武士であった(異説もある)。正成自身は忍者ではなかったものの、実戦では伊賀甲賀衆を指揮して戦闘を有利に進め、掛川城の攻略や姉川の戦いで戦功を重ね、徳川十六神将の一人に数えられている。また、その強さゆえに“槍の半蔵”の異名をとる。地下鉄の路線名にもなっている江戸城の半蔵門は、正成の屋敷のそばに建てられていたことからその名がある。

主君・松平信康の切腹

正成は、徳川家康の長男・松平信康の切腹に立ち会ったことでも知られる。信康は人々に慕われていたため、正成も涙のあまり刀を振り下ろせず、介錯役を替わってもらったといわれている。

年表

1542  三河国に生まれる
1557 三河国宇土城(上ノ郷城)を夜襲し戦功を立てる
1573 三方ヶ原の戦いで徳川軍は大敗。しかし正成は武功を立てたため、家康から褒美として槍を贈られ、伊賀衆150人を預けられる
1579 家康の嫡男・信康が織田信長に疑われて遠江国二俣城で自刃に追いやられ、介錯を命じられたができなかった
1584 小牧・長久手の戦いでは伊勢松島城の加勢で伊賀甲賀者100人を指揮し、鉄砲で羽柴方を撃退
1590 小田原征伐で家康に従軍
1596 横死

ゆかりのスポット

服部半蔵は東京・新宿にある西念寺に葬られ、現在も墓が残る。 西念寺は、家康公の嫡男である信康公の菩提を弔うため1593年に創建された。

西念寺

住所|東京都新宿区若葉2ー9
TEL|03-3351-0662
URL|http://www.yotsuya-sainenji.or.jp

≫次の記事を読む

知っておきたい人気の武将40人「戦国武将名鑑」
戦国時代の主な出来事
戦国武将勢力MAP
北条早雲
斎藤道三
毛利元就
松永久秀
今川義元
武田信玄
山本勘助
明智光秀
上杉謙信
大友宗麟
立花道雪
柴田勝家
小早川隆景
織田信長
滝川一益
竹中重治
黒田官兵衛
島津義弘
佐々成政
豊臣秀吉
蜂須賀正勝
前田利家
長宗我部元親
徳川家康
服部半蔵
前田慶次
真田信繁(幸村)
山中鹿之助(幸盛)
古田重然(織部)
山内一豊
藤堂高虎
蒲生氏郷
石田三成
島左近
直江兼続
福島正則
加藤清正
森蘭丸
伊達政宗
宇喜多秀家

Supervision=Sunao Kawaguchi text=Ken Motoshiro illustrator=Mariya Arai, A&W
2013年2月号「武士道」

関連するオススメ記事

関連するエリアのオススメ記事