最新号&バックナンバーMAGAZINE

最新号

2021年1月号 Vol.110

温泉と酒。

2021年1月号 Vol.110

1,000円(税別)/2020.12.4発売

温泉の季節がやってきました。幻想的な冬景色を眼前に、あたたかい湯に浸かって日頃の疲れを癒す。これは全国各地に豊富な温泉資源をもつ、ニッポンの冬ならではの醍醐味です。

巻頭特集では、温泉カメラマンによる、一生に一度は行きたい絶景温泉を全国網羅。心と身体を整えてくれる、あなたにぴったりの温泉が見つかるはずです。さらに、今号ではダブル特集として、いま飲むべきニッポンの酒にもフィーチャーします。

味わいや飲み方などが多様化し、情報が氾濫する中で、本当に旨い酒とはなにか――。今回提案するのは、ドメーヌや無農薬栽培、伝統製法の導入など、“原点回帰”する酒。文化を守ろうとする造り手の想い、地域の風土が込められたその味を、この冬ぜひ味わってください。

一生に一度は訪れたい、絶景温泉。

寒さが身にしみる、師走の時期になりました。今冬、心と身体を整える温泉旅に出掛けてみませんか? 巻頭特集では、温泉カメラマンの杉本圭さんとともに、北は北海道から南は鹿児島まで、一生に一度は訪れたい絶景温泉をセレクト。コロナ禍ですぐには出掛けられない人も、いつかは……と想いを馳せながら、絶景温泉への旅の準備をしてみてはいかがでしょうか。

北海道 しかりべつ湖コタン/青森 黄金崎不老ふ死温泉/秋田 鶴の湯 乳頭温泉郷、乳頭温泉郷 妙乃湯/群馬 四万温泉 積善館、法師温泉 長寿館/千葉 潮の湯温泉 犬吠埼観光ホテル/新潟 里山十帖/静岡 いさり火/長野 歴史の宿 金具屋/広島 宮島対岸 宮浜温泉 庭園の宿 石亭/鹿児島 三島村 硫黄島 東温泉

一生に一度は訪れたい、絶景温泉。
いま、飲みたいのは文化を紡ぐ酒。

いま、飲みたいのは文化を紡ぐ酒。

味わいやデザイン、造り手の個性が現代のライフスタイルにあわせて多様化する中で、ドメーヌや無農薬栽培のほか、伝統製法の導入など原点に回帰している酒があります。こだわり抜いた製法の根底にあるのは、“旨い”だけがすべてではないということ。伝統文化を守るためであり、酒造りを「文化を造っている」とする想いです。

今号では、秋田・新政酒造、千葉・寺田本家、群馬・土田酒造の3蔵を紹介。彼らの酒造りをキーワード立てて見せながら、なぜそれをするのか? 一見、酒造りに関係しないと思える取り組みには、酒から派生する日本の伝統文化を守ろうとする想いが見えてきました。

名酒販店が選ぶ
いま飲みたいニッポンの酒42

テロノワールを生かしてつくられた米やブドウ、ボタニカルなどを用い、地域に根ざした酒造りを行う日本のつくり手。味わえば、その旨さの中に、酒を生んだ土地の風景が広がり、酒に込めたつくり手の想いがあふれ出します。そこで、全国のつくり手や注目の酒を知り尽くす、千葉・いまでや、神奈川・横浜君嶋屋、大阪・山中酒の店、福岡・住吉酒販の4酒販店に、いま飲みたいニッポンの酒を伺いました。日本酒、日本ワイン、スピリッツの計42本をおすすめの飲み方とともに紹介します。

いま飲みたいニッポンの酒42
酒の聖地をマンガにする!

EXILE橘ケンチ
酒の聖地をマンガにする!

酒サムライとしての活動や小誌連載「今宵のSAKE」、コラボレーション日本酒など、日本酒の魅力を精力的に発信し続けているEXILEの橘ケンチさん。次なるチャレンジとして、人気漫画家・タクミユウさんとタッグを組み、日本酒を擬人化したマンガ『あらばしり』を、12月18日より少年マガジン公式無料漫画アプリ「マガポケ」にて連載を開始する。

今回、本誌では配信に先駆けて、第一話のネーム一部公開及び、登場キャラクターの6人(銘酒)を独占公開! マンガ化される酒造へもケンチさんと足を運び、造り手の酒造りに対する想いもしっかりと紹介しています。さらにタクミユウさんが小誌だけのために書き下ろしてくれた、マンガver.のケンチさんも掲載!

いま、あらためて知りたい「雑煮」のこと。

さまざまなことがあった2020年も残りわずか。まもなく新年です。正月、日本国民が当たり前のように食べている「雑煮」。実は京都生まれということを知っていますか? かつて武家社会では、雑煮が大切な人をもてなす宴で酒の肴として振る舞われ、‟世界最高のアミューズ”でした。

今回は、意外と知らない雑煮のルーツと、時代の流れの中でさまざまに変化してき雑煮の古今を知るべく、新刊『雑煮365日』(NHK出版)の著者で、NHKの番組『あさイチ』でもお馴染みの松本栄文(まつもと・さかふみ)さんとともに京都を訪ねました。

誌面では、有職(ゆうそく)料理を受け継ぐ京都の料亭「萬亀楼(まんかめろう)」による宴の酒礼「式三献(しちさんこん)」の再現、京都の商家の暮らしを受け継ぐ「秦家(はたけ)」の年の瀬に密着しています。

いま、あらためて知りたい「雑煮」のこと。

BACK NUMBER

バックナンバー

2020年

Discover Japan 2020年12月号 vol.109

2020年12月号 vol.109


うつわ作家50

Discover Japan 2020年11月号 vol.108

2020年11月号 vol.108


あたらしい京都の定番か、奈良のはじまりをめぐる旅か。

ニッポンの一流ホテル&名旅館 2020-2021

Discover Japan_TRAVEL


ニッポンの一流ホテル&名旅館 2020-2021

Discover Japan 2020年10月号 vol.107

2020年10月号 vol.107


特集:新しい日本の旅スタイルはじまる。&特別企画 小松美羽

Discover Japan 2020年9月号 vol.106

2020年9月号 vol.106


特集:この夏、毎日お取り寄せ

Discover Japan 2020年7・8月号 vol.105

2020年7・8月号 Vol.105


特集:ニッポンの旅計画108

Discover Japan 2020年6月号 vol.104

2020年6月号 Vol.104


特集:おうち時間。

Discover Japan 2020年5月号 vol.103

2020年5月号 Vol.103


特集:日本人は何を食べてきたの?

Discover Japan 2020年4月号 vol.102

2020年4月号 Vol.102


特集:いまあらためて知りたいニッポンの美

Discover Japan 2020年3月号 vol.101

2020年3月号 Vol.101


特集:SAKEに恋する5秒前。

Discover Japan 2020年2月号 vol.100

2020年2月号 Vol.100


特集:世界に愛されるニッポンのホテル&名旅館

Discover Japan 2020年1月号

2020年1月号 Vol.99


特集:武田双雲 いま世の中を元気にするのは、この男しかいない。