FOOD

隈研吾デザインのカフェ「コエダハウス」で熱海の眺望を独り占め!

2021.4.10
隈研吾デザインのカフェ「コエダハウス」で熱海の眺望を独り占め!


アカオハーブ&ローズガーデンの園内、標高150mの高台に建ち、相模湾の絶景を見渡せる『COEDA HOUSE(コエダハウス)』。建築設計は、日本を代表する建築家 隈研吾氏。“小さな枝を組み合わせて大きな木のような建築を作りたいと考え、自然と共鳴した空間が生まれる”というコンセプトの元、外装にはガラスを用い、鏡でつくられた家具とともにローズガーデンに溶け込むようなデザインとなっている。

隈研吾氏設計のカフェ
『COEDA HOUSE』

建物の構造を支える柱は樹齢800年のアラスカヒノキの角材を1500本、49層積み上げた構造で、ガーデンの景色と溶け込む一本の樹のようなデザインが魅力。

また、COEDA HOUSE(コエダハウス)は「集める」という意味を持つ“CO”と小さな枝(EDA)が集まって大きな木を表現していることから名づけられた。さらに、“COEDA” には「木の下に人々が集う」という意味も込められている。

木材に鉄筋を通して樹脂で固定することで耐力を発揮する『拡張樹脂アンカー工法』を使用。それによって建物内に釘が見えないようになっている。

樹齢800年のアラスカヒノキを49層積み上げ、建物の構造を支える柱は1500本使用し、短いもので80cm、長いもので12mの小さな木を積み上げられた姿はまるで大きな1本の木のよう。

床に使用しているのはアフリカケヤキ。切り出した木をそのまま使用(=無垢材)しているので、木のぬくもりや、香りが直接伝わってくるのが特徴だ。

COEDA HOUSE
限定メニュー

1個 310円

熱海タルトフロマージュ・橙
藤井幸治氏によるCOEDA HOUSE オリジナルスイーツ熱海産の橙を使用したタルトフロマージュは、ほのかに香る柑橘の風味とチーズの味わいが口の中に広がる人気No1商品。

パティシエ
藤井幸治(ふじい・ゆきはる)
世界的に活躍するパティシエ辻口博啓氏のもと「LE MUSEE DE H(ル ミュゼ ドゥ アッシュ)」で腕を振るう、パティシエ世界大会や国内大会上位入賞経験のあるパティシエ。

アカオハーブ&ローズガーデン
相模灘を見下ろす20万坪の広大な土地いっぱいに、個性豊かな12のテーマガーデンが点在している。熱海ブルーに輝く海と空を借景に、季節の花々やハーブが咲き誇る。ハーブを使った手作り体験や絶景カフェ、ショッピングなど、五感で楽しめるガーデン。

園内施設|COEDA HOUSE、レストラン、体験工房、ショップ
住所|静岡県熱海市上多賀1027-8
Tel|0557-82‐1221
http://garden-akao.com/
最新情報はこちら
Instagram|https://www.instagram.com/akaoherbandrosegarden/

ホテルニューアカオ ロイヤルウイング
エレガントに非日常を愉しむ、熱海のリゾートホテル。スローな時間が流れる館内では、絶景ラウンジでのドリンクサービス、ハープやピアノの生演奏、美肌効果抜群のバラの露天風呂、絶景温泉貸切風呂など、上質な癒しを提供。また、海を見渡す絶景温泉施設「スパリウムニシキ」では海と一体化した温浴を楽しめる。

客室|100室
館内施設|レストラン、ラウンジ、温泉貸切風呂、温泉大浴場など
※併設スパリウムニシキ、ホテルニューアカオの施設も利用可能
住所|静岡県熱海市熱海1993-65
Tel|0557-83-6161
http://i-akao.com/royalwing/

木に囲まれた店内のお席、海を目の前にしたテラス席やデッキで水平線一望の景色と、季節のお花を堪能してみてはいかがだろうか。


≫日本文化を身体で感じる場。杉本博司さんが手掛けた小田原「江之浦測候所」

≫あのハワイの名門ホテル「ザ・カハラ・ホテル & リゾート 横浜」が日本初上陸!

≫大正時代の歴史の香りを残す、箱根の湯宿「翠松園」へ

静岡のオススメ記事

関連するテーマの人気記事