PRODUCT

Discover Japan 公式オンラインショップ
「いま知っておきたい逸品」

2020.12.30
<b>Discover Japan 公式オンラインショップ<br>「いま知っておきたい逸品」</b>

▼公式オンラインショップはこちら

手仕事で生み出される本当に良いモノを紹介していく《いま知っておきたい逸品》。ほんもののつくり手による逸品は、使えば使うほど愛着がわき、そして使い手に染まっていくいくまさに一生モノ。そして、そんな作品の一部を公式オンラインショップにて販売します!

no.1|青木良太さんの陶器

多彩な釉薬を扱い、陶芸の新世界を切り拓いていく陶芸家・青木良太さんの陶器は多様なシーンや用途によって使い分けれる楽しさも秘めています。

青木良太(あおき・りょうた)
1978年、富山県生まれ。金、銀、プラチナさらにはスワロフスキーなど、従来の陶芸では使われない素材を積極的に取り入れ、未知の作品を想像し続ける陶芸家。国内外の個展のほか、陶芸による現代アートフェアにも参加。若い陶芸家を支える活動も行っている
≫こちらでもっと詳しく紹介しています

≫青木良太さんの作品一覧

no.2|木下宝さんのガラスの器

薄くピンと張り詰めたような緊張感と、極限まで無駄な要素が削ぎ落とされた木下宝さんのガラス作品。ガラスには涼やかというイメージがあるが、引き算から生まれるという木下さんがつくるものには、繊細でモダンな美しいフォルムの中に温かさが共存する。

木下宝(きのした・たから)
大阪生まれ。会社員として勤務後、ガラス制作を学ぶために秋田の美術大学に進む。その後富山ガラス工房でガラス作品制作をはじめ、独立。代表作「シンプルグラス」など、その作品は温かみのあるフォルムの中にミニマルな美しさをもち、日用の道具としての使いやすさを兼ね備えている
≫こちらでもっと詳しく紹介しています

≫木下宝さんの作品一覧

no.3|土楽窯の土鍋

煮る、炊く、炒める、そして焼くができる土鍋。かの白洲正子さんをして「伊賀の丸柱に おいしいものを喰べさせる家がある。 本職は陶工だが、料理好きで、 自分の山でとれる茸や山菜が中々うまい。」という逸話の通り、つくり手の名工福森さん自らが料理に用いた、上質な暮らしを求める人から愛され続けるマスターピース。

福森 雅武(ふくもり・まさたけ)
1944年、三重県伊賀市生まれ。土楽窯7代目。茶陶で評価を得たが、生活と仕事が分離したところに、美しいものは生まれないと食器づくりに邁進。料理店の注文で土鍋をつくりはじめた

福森 道歩(ふくもり・みちほ)
1975年、三重県伊賀市生まれ。雅武さんの四女。料理を学んだ後に大徳寺龍光院で禅の修業。2003年から土楽窯(圡楽窯・どらくがま)。現在8代目当主。自身の作陶とともに工房の仕事を取り仕切る
≫こちらでもっと詳しく紹介しています

≫圡楽窯(どらくがま)の作品一覧

▼公式オンラインショップへ

RECOMMEND

READ MORE