TRADITION

戦国武将の勢力図を時代の変遷で見る
戦国武将名鑑

2021.4.27
戦国武将の勢力図を時代の変遷で見る<br><small>戦国武将名鑑</small>

戦国時代に入ると、全国各地の戦国武将が勢力を増し、あちらこちらで領地支配などの戦が絶え間なく行われた。その勢力地域が最も大きく変化したのは、桶狭間の合戦直前の1560年から関ヶ原の戦いが行われた1600年までの40年間。織田信長、豊臣秀吉、徳川家康の三英傑が、日本史に大きな影響を与えた時期です。では、その変化を見てみましょう。

≪前の記事を読む

旧国名地図

まずは旧国名を知っておこう。国名はもちろんのこと国境も異なる。特に近畿地方は細かく分けられていたのがよくわかる。

1560年 桶狭間の合戦直前

戦国時代がはじまってから50年。伝説の戦国武将が勢威をふるいはじめる。織田信長が26歳頃は尾張国のみを統治している。

①1550年/砥石城の戦い
②1553〜1546年/川中島の合戦
③1555年/厳島の戦い
④1557年/稲葉山城の戦い
⑤1560年/桶狭間の戦い
⑥1560年/小田原城の戦い
⑦1568年/月山富田城攻め
⑧1569年/多々良浜の戦い
⑨1570年/姉川の戦い

1582年 本能寺の変

天下統一をめざした織田信長。統治していた国は尾張国のみだったにもかかわらず、最後は日本の中心部をほぼ支配している。

①1572年/三方ヶ原の戦い
②1575年/長篠の戦い
③1575〜1580年/三木合戦
④1578年/耳川の戦い
⑤1582年/本能寺の変

1587年 秀吉の天下統一

織田信長の後継者となった豊臣秀吉。四国攻めや九州攻めなど天下統一に奔走した。この頃から徳川家康も力を強めている。

①1582年/家康の伊賀越え
②1583年/賤ヶ嶽の戦い
③1584年/小牧・長久手の戦い
④1585年/富山の役
⑤1586年/戸次川の戦い
⑥1589年/摺上原の戦い

1600年 関ヶ原の合戦後

関ヶ原の合戦で勝利した徳川家康は、実質的な天下人となった。日本の中央部から山陰や九州にも手を伸ばしている。

①1590年/小田原の戦い
②1600年/長谷堂城の戦い
③1600年/関ヶ原の戦い
④1615年/大坂夏の陣

≫次の記事を読む

知っておきたい人気の武将40人「戦国武将名鑑」
戦国時代の主な出来事
戦国武将勢力MAP
北条早雲
斎藤道三
毛利元就
松永久秀
今川義元
武田信玄
山本勘助
明智光秀
上杉謙信
大友宗麟
立花道雪
柴田勝家
小早川隆景
織田信長
滝川一益
竹中重治
黒田官兵衛
島津義弘
佐々成政
豊臣秀吉
蜂須賀正勝
前田利家
長宗我部元親
徳川家康
服部半蔵
前田慶次
真田信繁(幸村)
山中鹿之助(幸盛)
古田重然(織部)
山内一豊
藤堂高虎
蒲生氏郷
石田三成
島左近
直江兼続
福島正則
加藤清正
森蘭丸
伊達政宗
宇喜多秀家

Supervision=Sunao Kawaguchi text=Ken Motoshiro illustrator=Mariya Arai, A&W
2013年2月号「武士道」

 

RECOMMEND

READ MORE