TRADITION

若き日の秀吉を支えた、
竹中重治(半兵衛)
「戦国武将名鑑」

2021.5.13
若き日の秀吉を支えた、<br>竹中重治(半兵衛)<br><small>「戦国武将名鑑」</small>

15世紀末から16世紀末、日本は戦乱の時代。室町幕府が完全に失墜し、守護大名に代わって全国で戦国大名が勢力を増した。日本史上の中でも戦国時代は、現代においてもなお伝説的な武将が多く存在している。人気の武将を図鑑形式で紹介する「戦国武将名鑑」。今回は、若き日の秀吉を支えた名参謀、竹中重治(たけなかしげはる)です。

≪前の記事を読む

生没年
1544~1579年
Place
美濃国(岐阜県南部)
Data
由来|竹中氏
改名|重虎(初名)→重治
正室|安藤守就の娘(得月院)

九枚笹

江戸時代に編纂された秀吉の伝記『太閤記』に登場し、天才軍師として有名になった重治(半兵衛)は、秀吉軍の中枢として活躍した。黒田官兵衛とともに“両兵衛”と呼ばれ親しまれている。美濃国に生まれ、父は斎藤氏の家臣だったとされ、のちに斎藤義龍に仕えた。信長の美濃侵攻の際は攻防を繰り広げて撃退しているものの、放蕩癖が激しかった義龍の態度には嫌気がさしていたとされる。斎藤氏の滅亡後は秀吉に仕え、中国侵攻に同行している。秀吉とは対等に口をきき、細かなことに注文をつけた。秀吉にとって、重治は戦闘を優位に進めるための知恵袋だったのである。これほどの軍師でありながら、重治の顔立ちは女性のようであり、体格も華奢で、武将とは思えない風貌だったと伝えられている。

「よき馬ゆえに
かえって名を失うこともある」

「値の高い馬は買い求めるべきではない」に続く言葉。貧相な馬に乗っていた半兵衛は、秀吉に理由を聞かれ、「よい馬に乗っていては馬のことを惜しみ、好機を逃してしまうため」と答えたという。

年表

1544 美濃国に生まれる
1560 家督を相続し、菩提山城主となって美濃国の国主・斎藤義龍に仕える
1563 織田軍と交戦。重治の戦術により斎藤勢が勝利
1564 稲葉山城を16人(17人という説も)の部下とともにわずか一日で奪取。斎藤家を去り、浅井長政に仕える
1567 羽柴秀吉(豊臣秀吉)に属する
1578 宇喜多氏の備前八幡山城を調略によって落城させ、信長に称賛された
1579 播磨国の三木城攻めの最中に病死

ゆかりのスポット

岐阜県の垂井町にある江戸時代の竹中氏の陣屋。重治の子・重門が築いた。

竹中陣屋
住所|岐阜県不破郡垂井町宮代2967-11
垂井町観光協会(事務局:垂井町役場 産業課内)
TEL|0584-23-2020(垂井町観光案内所)
URL|https//www.tarui-kanko.jp

≫次の記事を読む

知っておきたい人気の武将40人「戦国武将名鑑」
戦国時代の主な出来事
戦国武将勢力MAP
北条早雲
斎藤道三
毛利元就
松永久秀
今川義元
武田信玄
山本勘助
明智光秀
上杉謙信
大友宗麟
立花道雪
柴田勝家
小早川隆景
織田信長
滝川一益
竹中重治
黒田官兵衛
島津義弘
佐々成政
豊臣秀吉
蜂須賀正勝
前田利家
長宗我部元親
徳川家康
服部半蔵
前田慶次
真田信繁(幸村)
山中鹿之助(幸盛)
古田重然(織部)
山内一豊
藤堂高虎
蒲生氏郷
石田三成
島左近
直江兼続
福島正則
加藤清正
森蘭丸
伊達政宗
宇喜多秀家

Supervision=Sunao Kawaguchi text=Ken Motoshiro illustrator=Mariya Arai, A&W
2013年2月号「武士道」

岐阜のオススメ記事

関連するテーマの人気記事