TRADITION

乱世に幕を引いた天下人、
徳川家康
「戦国武将名鑑」

2021.5.21
乱世に幕を引いた天下人、<br>徳川家康<br><small>「戦国武将名鑑」</small>

15世紀末から16世紀末、日本は戦乱の時代。室町幕府が完全に失墜し、守護大名に代わって全国で戦国大名が勢力を増した。日本史上の中でも戦国時代は、現代においてもなお伝説的な武将が多く存在している。人気の武将を図鑑形式で紹介する「戦国武将名鑑」。今回は、150年の乱世に幕を引いた武将、徳川家康(とくがわいえやす)です。

≪前の記事を読む

生没年
1542~1616年

Place
三河国(愛知県東部)
Data
由来|松平氏→徳川氏
改名|竹千代(幼名)→松平元信(初名)→元康→家康→徳川家康
正室|築山殿 継室:朝日姫
側室|養珠院、西郷局、茶阿局、英勝院、雲光院、相応院ほか

三葉葵

その性格を例えて「鳴かぬなら鳴くまで待とうホトトギス」と表現されたように、忍耐強く辛抱して頂点に上り詰めた徳川家康。徳川家15代に及ぶ長期安定政権の基礎を築いた点で、世界史上においても稀有な人物である。秀吉に仕えて五大老の地位まで上り詰めるが、秀吉の死後は天下取りへの一歩を歩み出し、関ヶ原の戦いで勝利を収める。1603年には征夷大将軍となって江戸に幕府を開き、1605年には三男の秀忠に将軍職を譲り、1614〜15年には大坂冬の陣・夏の陣を指揮して豊臣家を滅亡させた。1616年に駿府城で没し、久能山に葬られた。あらゆる武術に秀でる一方で多趣味でも知られ、鷹狩りや囲碁などを好んだ。また、新しもの好きの一面もあり、メガネや目覚まし時計を所有していたことでも知られている。

「人の心底を能く察すべし」

「人を知らんと欲せば、人の心底を能く察すべし。言と形とに迷ふべからず」。他人のことをよく知りたければ、上辺だけを見ていてはいけない。相手の心の奥底を観察することが重要なのである。

年表

1542 三河国に生まれる
1547 織田氏の人質となり数年を過ごしたあと、さらに今川氏の人質として忍従の日々を過ごす
1560 桶狭間の戦いで今川義元が織田信長に討たれる。信長と組み、松平家康に改名している
1566 松平氏から徳川氏に改姓し、徳川家康となる
1573 三方ヶ原の戦いで大敗
1575 長篠の戦いに参陣
1579 嫡男・信康を自刃させる
1584 信長没後に勢力を伸長した豊臣秀吉との対立が深まり、小牧・長久手の戦いで対峙
1600 関ヶ原の戦いで勝利
1603 征夷大将軍に任じられる
1605 将軍職を三男の秀忠に譲る
1615 大坂夏の陣で豊臣軍を滅ぼす
1616年 駿府城で病死

≫次の記事を読む

知っておきたい人気の武将40人「戦国武将名鑑」
戦国時代の主な出来事
戦国武将勢力MAP
北条早雲
斎藤道三
毛利元就
松永久秀
今川義元
武田信玄
山本勘助
明智光秀
上杉謙信
大友宗麟
立花道雪
柴田勝家
小早川隆景
織田信長
滝川一益
竹中重治
黒田官兵衛
島津義弘
佐々成政
豊臣秀吉
蜂須賀正勝
前田利家
長宗我部元親
徳川家康
服部半蔵
前田慶次
真田信繁(幸村)
山中鹿之助(幸盛)
古田重然(織部)
山内一豊
藤堂高虎
蒲生氏郷
石田三成
島左近
直江兼続
福島正則
加藤清正
森蘭丸
伊達政宗
宇喜多秀家

Supervision=Sunao Kawaguchi text=Ken Motoshiro illustrator=Mariya Arai, A&W
2013年2月号「武士道」

関連するオススメ記事

関連するエリアのオススメ記事