HOTEL

「アートビオトープ那須」二期倶楽部の美意識を受け継ぐスイートヴィラ・リゾート【前編】

2021.3.3
「アートビオトープ那須」二期倶楽部の美意識を受け継ぐスイートヴィラ・リゾート【前編】
木と池、苔で構成された究極の人工物「水庭」。四季折々の風景を見せるが、枝先に実をつけるように星空を眺めるのは冬ならでは

世界的建築家による建築やアートに触れられるリゾートをはじめ、地の個性を生かした全国の注目宿を前後編記事にてご紹介。ヴァーチャルでは味わえない唯一無二の滞在を堪能したい。

“贅沢な孤独”を愉しみ
インスピレーションを得られる場所
アートビオトープ那須 スイートヴィラ/栃木県 那須町

造成中に出土した石を積んだ擁壁が象徴的な特別ツイン。土地の特徴を生かした構造のヴィラは、窓を開けるとテラスと一体に

那須高原に佇む「アートビオトープ那須」。アーティストの創作活動をサポートするレジデンス、石上純也さんが手掛けた「水庭」を有する同施設に、建築家・坂 茂さん設計によるスイートヴィラ、レストランが新たに誕生。

客室のスワンチェアやテーブル、照明といった上質な家具は二期倶楽部時代から使用していたもの。那須の工房でリペアされ、ヴィラにしっくり馴染む

関東の北限、東北の南限にあたり、南北系の植物が混在する栃木県那須。その中でも山林と渓流の自然が広がる横沢エリアに「アートビオトープ那須」はある。ここは多くのファンに惜しまれつつ閉館した「二期倶楽部」創業者の北山ひとみさんがプロデュースするリゾート。「二期倶楽部創業20周年を記念した文化事業」として誕生したレジデンス、ガラス工芸などの創作スタジオに続き、建築家・石上純也さん設計の「水庭」が完成。2020年10月には建築家・ 坂茂さんによるスイートヴィラとレストランがオープンした。

アートと、生物の生息域を意味するビオトープを組み合わせた造語「アートビオトープ」は、アートの生息地を意味する。ヴィラの建設用地から318本の木々を移植し、160個の小さな池をモザイクのように配した「水庭」は、そのコンセプトを象徴するランドアート。新緑、紅葉、雪化粧と季節ごとの姿を見せながら変化する作品で、一歩足を踏み入れると、自然と心身を対話させるメディテーション空間の機能を果たす。敷地内には、ほかにも陶芸家近藤高弘さん、キュレーター新見隆さんなど多くの作家の作品が点在。ゲストルームやラウンジは、作品を展示するギャラリーの役目も担う。

客室の浴室は、窓やテラス側の扉を開けると開放的な野天風呂に。バスグッズも充実
リビングの階段上部が寝室。ベッドボードやクッションは、布デザイナー須藤玲子さんによる作品

自然とアートに囲まれた滞在は
ひそやかに新たな感性を開かせてくれる

広く取られたサニタリールーム。風呂上がりにうれしいミネラルウォーターや炭酸水も用意

自らを建築オタクと称する北山さんがヴィラの設計を依頼したのは、国内外で活躍する世界的な建築家である坂 茂さん。北山さんはその理由を、「阪神淡路や東日本の大震災で建築家として大きく社会貢献をしたことでも知られ、その姿勢に強く共感した」と語る。ミニマルで知性を感じられる新時代のラグジュアリー空間は、二人のコラボによって誕生した。

重厚感のある屋根をもつヴィラは、渓流沿いのゆるやかな傾斜を生かした構造。エントランスとベッドルームが中2階に位置し、5段の階段を降りるとリビングスペース、3mの奥行きのあるテラス、そのテラスに張り出すように設計されたバスルームにつながる。

「ここでは、沈黙と孤独こそが最上の贈与」という滞在のコンセプトを体現できるよう、部屋には本だけでなく、コーヒーやお茶を淹れるための本格的な道具が揃う。全室に、現代工芸や書籍を紹介する展示スペース「」が設けられているのも特徴。それぞれの客室の棚には異なる作家の作品が並び、滞在中の購入も可能だ。

敷地内にある陶芸とガラスのスタジオでは、アートに触れるだけでなく、作品づくりにも挑戦できる。体験とはいえ、レストランのうつわやガラス作品を手掛けるアーティストを講師に、本格的な創作活動が楽しめる。鑑賞だけでなく創作に携わることで、アートの楽しみの幅は大きく広がる。

自然とアートがシームレスにつながる空間での滞在は、癒しだけでなく感覚を研ぎ澄ます刺激を与えてくれる。

部屋で過ごす時間を豊かにしてくれる

本格的な茶道具がセットされた茶箱を各部屋に用意。ガラスの振出はホテルのガラススタジオで製作
煎茶器は京都の美術作家・近藤高弘さんのデザイン。茶葉は小川流家元好みの「なるる」
ブラジル・ミナスジェライスのコーヒー豆。ミルで豆を挽く時間も愉しみ

寛がせてくれるアメニティ

1)歯ブラシなどのアメニティが入ったArtbiotopの刺繍入りリネン袋。滞在の記念として持ち帰りできる
2)タオルは、バス、フェイス、ハンドの3タイプ。壁掛けのタオルウォーマーが滞在中の快適な入浴を約束
3)ワンピースタイプのルームウェア(パジャマ)。洗いざらしのコットンは非常に風合いがよく寝心地も抜群
4)カーディガンのようにルームウェアの上から羽織れるコットンガウン。入浴後の読書タイムにぴったり

植物の力を生かすナチュロパシーに基づいたニキシモブランドも展開している同社。オリジナリティあふれるアメニティは、部屋で過ごす時間を最良のものに演出。

1)シリアはアレッポのせっけん。素地はオリーブオイルとローレルオイルのみ。使用後持ち帰れる袋も付いている
2)粒子が細かく泡立ちのよい火山灰白土「シラス」を使用したオリジナルの洗顔料。メイク落としにも使える
3)お風呂時間を豊かにするバスグッズも充実。湯が柔らかな肌当たりになるひのきボール、バスソルトなど
4)ヘアケアは、日本人の髪質や頭皮、日本の風土を前提に考えられたケミカルフリーの「余」ブランドを採用
5)ハトムギローションは、「余」からリリースされている安全性の高い耐久用ボトル「余の箱」に入る

≫続きを読む

アートビオトープ那須 スイートヴィラ
住所|栃木県那須郡那須町高久乙道上2294-5
Tel|0287-74-3300
客室数|15室
料金|1泊2食付6万600円〜(サ込・税別)
カード|AMEX、Diners、DC、JCB、UC、VISAなど
IN|15:00  OUT|11:30
夕食|フランス料理(レストラン)  朝食|洋食(部屋)
アクセス|車/東北自動車道那須ICから約20分 電車/那須塩原駅からシャトルバスで約30分(無料、要予約)
施設|水庭、ラウンジ、トリートメントルーム、スタジオ、レジデンス
www.artbiotop.jp

text: Akiko Yamamoto photo: Maiko Fukui
Discover Japan 2021年2月号 特集「最先端のホテルへ」

栃木のオススメ記事

関連するテーマの人気記事