ART

東京藝術大学大学美術館
「教員らの寄贈作品や卒業制作品を所蔵」

2021.8.20
東京藝術大学大学美術館<br>「教員らの寄贈作品や卒業制作品を所蔵」

休日は知識や見識を広め、感性が磨かれる美術館巡りへ出掛けませんか? 都内にはさまざまなジャンルのアートが楽しめる美術館が数多く点在しています。また作品のみならず建築や庭園の美を楽しむのも美術館巡りの醍醐味です。気軽に足を運べる東京都内にある美術館の魅力を伝える本企画。今回は、教員らによる寄贈作品や卒業制作品が所蔵されている、「東京藝術大学大学美術館」を紹介します。

螺旋状の階段室や波形になった天井など、建物内部の工夫もさまざま。台東区の建築景観賞を受賞している

藝大の前身である東京美術学校時代より収集されたものから最近のものまで、幅広い作品を扱う「東京藝術大学大学美術館」。130年以上、学生たちの学びに役立つものを、古今東西を問わず収集してきた。特徴は、歴代の卒業制作品を買い上げたものや、寄贈された作品の多さ。藝大で教鞭を執った教員が退任の年に制作したものを寄贈していく伝統もあり、大学内に設置された施設ならではのコレクションとなっている。

後に巨匠となった卒業生の自画像は、近現代の美術史を語るうえでは欠かせない作品群。常設展はないが、年に1~2回開催される藝大コレクション展で展示される。また、収蔵品は学外からも検索可能なデータベースとして公開されている。

ロビーは2階まで吹き抜けになっている

スタッフが教える!当館の魅力

藝大教員の退任記念展など
無料展覧会も要チェック!


陳列館外観 写真提供:東京藝術大学大学美術館

「あまり知られていませんが、有料の特別展に加え、無料の展覧会も随時開催されています。特に、藝大教員の退任記念展はおすすめです。作家であり、研究者そして教育者である教員の集大成ともいえる展覧会は見ごたえたっぷりです」

当大学出身の芸術家たち

横山大観《村童観猿翁》 1893年 東京藝術大学蔵

・ 岡本太郎(芸術家)
・ 柳原義達(彫刻家)
・ 猪熊弦一郎(画家)
・ 高村光太郎(芸術家)
・ 横山大観(日本画家)

施設・作品紹介

東京藝術大学内にある大学美術館本館

本館の建築は東京武道館などを手掛けた六角鬼丈が設計。学生食堂(カフェテリア)やミュージアムショップ、画材店なども入る。

展示室は地下2階と3階にある。 地下には大型のガラスケース付きの展示室があり、 隣接して設けられた展示室は、多様に対応できるように、 可能な限りディテールを消去した白い箱型展示室になっている。 また地上3階にはトップライト方式で、 かつ完全に暗転できる開閉装置を組み込んだ新しい方式の展示室がある。

1階エントランスホール
館内の螺旋階段
上村松園 《序の舞》 昭和11(1936)年 重要文化財 東京藝術大学蔵
狩野芳崖《悲母観音》 明治21(1888)年 重要文化財 東京藝術大学蔵

東京藝術大学大学美術館
住所
台東区上野公園12-8
Tel|050-5541-8600(ハローダイヤル)
開館10:00〜17:00(最終入館は閉館30分前まで)
休館日|月曜(祝日の場合は翌日)※展覧会開催会期以外は閉館
料金展覧会により異なる
交通JR上野駅、千代田線根津駅から徒歩10分
駐車場なし
https://www.geidai.ac.jp/museum/

TOKYO美術館
国立新美術館
東京都国立博物館
国立西洋美術館
森美術館
東京都美術館
上野の森美術館
資生堂ギャラリー
三菱一号館美術館
東京国立近代美術館
東京ステーションギャラリー
21_21 DESIGN SIGHT
森アーツセンターギャラリー
東京富士美術館
東京都庭園美術館
SOMPO美術館
パナソニック汐留美術館
根津美術館
サントリー美術館
山種美術館
Bunkamura ザ・ミュージアム
三井記念美術館
太田記念美術館
日本民藝館
五島美術館
ワタリウム美術館
すみだ北斎美術館
岡本太郎記念館
ちひろ美術館・東京
竹久夢二美術館・弥生美術館
朝倉彫塑館
東京都写真美術館
NTTインターコミュニケーションセンター(ICC)
東洋文庫ミュージアム
d47 MUSEUM
東京藝術大学大学美術館
武蔵野美術大学 美術館・図書館
東京造形大学付属美術館
世田谷美術館
目黒区美術館
練馬区立美術館
渋谷区立松濤美術館
府中市美術館

2018年別冊「TOKYO美術館」


 

東京のオススメ記事

関連するテーマの人気記事