ART

SOMPO美術館
「新宿の真ん中にあるアートランドマーク」

2021.7.31
SOMPO美術館<br>「新宿の真ん中にあるアートランドマーク」

休日は知識や見識を広め、感性が磨かれる美術館巡りへ出掛けませんか? 都内にはさまざまなジャンルのアートが楽しめる美術館が数多く点在しています。また作品のみならず建築や庭園の美を楽しむのも美術館巡りの醍醐味です。気軽に足を運べる東京都内にある美術館の魅力を伝える本企画。今回は、新宿の真ん中にあるアートランドマーク「SOMPO美術館」を紹介します。

広く一般に芸術鑑賞の場を提供し、文化向上の一端に貢献したいという安田火災(現・損保ジャパン)の思いに、同社とゆかりの深かった東郷青児画伯が共鳴。氏の自作約160点と、収集した国内外作家の約190作品をもとに、1976年に「東郷青児美術館」として一般公開された。1987年にコレクションにゴッホの《ひまわり》が加わり、以降アジアで唯一、ゴッホの《ひまわり》を鑑賞できる美術館として親しまれている。2020年7月に隣接地に建設された6階建ての美術館に移転、新宿のアートランドマークとして文化芸術を発信している。

当館の名作・名品

フィンセント・ファン・ゴッホ『ひまわり』1888年

「1888年2月、パリから南フランスのアルルに移ったゴッホは、その年の8月、ゴーギャンのアルル到着を待ちわびながら、《ひまわり》の連作に着手しました。敬愛するゴーギャンの部屋を「ひまわりの花」で飾ろうと考えたのです。ゴッホはアルルで7点の「壺に生けたひまわり」を描いていますが、本作品はそのうちの一点です。」

施設紹介

エントランス。通り側から本社ビル側へ東西に抜ける大きな開口部が、街と美術館を繋いでいる。前庭にはゴッホ『ひまわり』の陶板複製画を、外周には新マーク・ロゴのフラッグを配置し、文化的空間を演出
同館のコレクションを代表するゴッホの『ひまわり』も展示されている3階展示室。作品をより一層身近に感じられるよう、ライティングなど工夫を凝らし展示されている
ミュージアムショップ

SOMPO美術館
住所
新宿区西新宿1-26-1 
Tel|050-5541-8600(ハローダイヤル)
開館10:00〜18:00(最終入館は閉館30分前まで)
休館日|月曜(祝日の場合開館)、展示替期間
料金展覧会により異なる
交通JR山手線他新宿駅から徒歩5分
駐車場なし
https://www.sompo-museum.org/

TOKYO美術館
国立新美術館
東京都国立博物館
国立西洋美術館
森美術館
東京都美術館
上野の森美術館
資生堂ギャラリー
三菱一号館美術館
東京国立近代美術館
東京ステーションギャラリー
21_21 DESIGN SIGHT
森アーツセンターギャラリー
東京富士美術館
東京都庭園美術館
SOMPO美術館
パナソニック汐留美術館
根津美術館 
サントリー美術館 
山種美術館
Bunkamura ザ・ミュージアム
三井記念美術館
太田記念美術館
日本民藝館
五島美術館
ワタリウム美術館
すみだ北斎美術館
岡本太郎記念館
ちひろ美術館・東京
竹久夢二美術館・弥生美術館
朝倉彫塑館
東京都写真美術館
NTTインターコミュニケーションセンター(ICC)
東洋文庫ミュージアム
d47 MUSEUM
東京藝術大学大学美術館
武蔵野美術大学 美術館・図書館
東京造形大学付属美術館
世田谷美術館
目黒区美術館
練馬区立美術館
渋谷区立松濤美術館
府中市美術館

2018年別冊「TOKYO美術館」


 

東京のオススメ記事

関連するテーマの人気記事