HOTEL

【前編】東京駅から40分で行けるリゾート!
「SORANO HOTEL」でステイケーション。
今年のバカンスはリゾートステイが正解

2020.9.16 PR
【前編】東京駅から40分で行けるリゾート!<br>「SORANO HOTEL」でステイケーション。<br><small>今年のバカンスはリゾートステイが正解</small>
東京・立川に誕生した「SORANO HOTEL」。11階ルーフトップのインフィニティプールは長さ60m。山並みを遠望する爽快なパノラマや、特にサンセットは感動的

かつて、先人たちは大空を飛び交う鳥に憧れ、空を翔ける夢の飛行機を発明した。以来、人は空に憧れ、空とともに生きている。そしていま「空と大地と人がつながる」と掲げ“SORA”を名に冠したホテルが誕生。“ウェルビーイング(Well Being)”という健やかな生き方を発信する。

“ウェルビーイング”をコンセプトに掲げたホテル

10〜11階にある「SORANO SPA」には、温泉水(自家源泉)を用いた水着で楽しめる温浴施設「インドアスパ」がある

緑が残る東京郊外の立川市。郊外とはいえ、新宿からなら電車で約30分という便利な街だ。大きく発展を遂げ、巨大なベッドタウン化した街の駅周辺は、都心と変わらぬ商業施設のビルが建ち並び、とても静謐なリゾート環境とは思えないが、駅から歩くこと約8分。空は急に大きくなり、ゆったりとした郊外らしい雰囲気となった。そこには広大な国営昭和記念公園があり、隣接するホテルの庭園のようにも見える。この地が“空と大地と人がつながる、ウェルビーイングタウン”として生まれた再開発新街区「GREEN SPRINGS」だ。敷地は約3・9万㎡。この新街区の中心的存在が「SORANO HOTEL」である。

超微粒子によるナノミストサウナ内。特殊技術によりサウナ室が白く霧のように濁らず視界がクリア。過熱水蒸気のサウナ利用は日本発、世界初の試み

好天ならば名峰富士の姿も!緑と山並みに癒される

スタンダードの客室。ホテル最小の客室は52㎡の広さ。ホテルの基本の客室でありバルコニー付き。和タイプと洋タイプがある

2020年6月8日、東京・立川の新街区にオープンした「SORANO HOTEL」。時代を読むように、いまこそ求められる、「心にもからだにも健康的なライフスタイル」がテーマの“ウェルビーイング”をコンセプトに掲げている。本物志向、健康志向に徹底したこのアーバンリゾートは、幸運にも自然豊かな国営昭和記念公園に隣接し、客室からは武蔵野、多摩地域と大空、そして山並みが遠望できる。

新街区「GREEN SPRINGS」の名は、「緑の地区、多摩川をはじめ豊かな水に恵まれ、“泉”の意味も加わり、健康で心地いい街」をイメージしたという。レストランや美術館、多目的ホールなどがつくられ、ローカルフード店、自由な寛ぎスペースなどがある新しい複合施設だ。

最も斬新なのはこのホテルの存在だろう。新街区と同じく「ウェルビーイング」を基本としている。設備、客室、アクティビティ、スタッフが共有すべきマインドや、日本が世界に誇る和食を基本にした食事についても、日本版ウェルビーイングに特化した。

長期滞在にもうれしいスパスイート。全客室タイプでインルームスパトリートメントが可能

客室は全81室。最小でも52㎡以上という贅沢な広さに、アーバンリゾートとしてのゆったり感がうかがえる。客室の種類もさまざまに用意され、愛犬とともに泊まれるドッグ・フレンドリールーム、キチネット(簡易キッチン)付きのスイート、洋タイプと和モダンが選択できるスタンダード、4名まで泊まれる部屋など選択肢は実に豊富だ。スタイリッシュで上質感が漂う館内にも、客室内にも、華美な飾りはなく、驚くほどすっきりとしている。ナチュラル志向のミニマルデザインを好むフランス人デザイナーならではだ。

スパスイートのバスルームには丸い大きなバスタブが

細かい部分にもこだわっているホテルの思い入れに触れるだけでも飽きない。目に留まったのは、バスルームに置かれた“タオル”だ。『ホットマン』ブランドを選んだのは、特に吸収力に優れ、肌触りも良く高品質だから」と、取締役COOの坂本裕之氏。このブランドは青梅市にて、絹織物製造で150年、タオル製造で50年以上の歴史があり、日本ではじめてフェアトレードコットンタオルの生産、販売をはじめたブランドだ。

上段左)「ツーピース、ドリルデザイン+MIZUTORI」の国産檜をソールに使った室内履き。上段右)セパレートタイプの室内着。ガーゼのようにソフトなコットン製で肌触りも抜群。下段左)日本製「ホットマン」ブランドのタオル。吸収性に優れ、肌触りのよさも特徴的。下段中央)持ち帰り可能なコットン100%のエコバッグ。ロゴデザインはPOOL inc.(代表小西利行さん)。下段右)EUのオーガニック最高水準認証を取得するレーダーハース社「アリヴェ」のバスアメニティ

ほかのアメニティ類もおもしろいセレクト。館内履きは老舗下駄メーカーがつくる快適な履き心地の「Two Piece」、電子レンジは「BALMUDA」(一部の部屋タイプ)、ミニバーには天然水「富士の湧水」を用意。エコロジーを重視するホテルとして、全室のバスルームに使い捨てアイテムを置かないという選択をしている。

≫後編を読む

SORANO HOTEL
住所|東京都立川市緑町3-1 W1
Tel|042-540-7776(宿泊予約専用9:00〜19:00)
Fax|042-540-7851
客室数|81室
料金|開業記念プラン1泊1室3万9480円〜(税別)
カード|AMEX、DINERS、JCB、VISAなど
IN|15:00
OUT|12:00
夕食・朝食|ジャパニーズクロスオーバーフード(レストラン)
アクセス|車/中央自動車道国立府中ICから約30分 電車/JR立川駅北口から徒歩8分
施設|レストラン、ルーフトップバー、インフィニティプール、ジム
https://soranohotel.com

せきねきょうこ
ホテルジャーナリスト。1994年から現職。世界のホテルや旅館の「環境問題、癒し、もてなし」を主題に現場取材を貫く。雑誌、新聞、ウェブを中心に連載多数。ホテルのアドバイザー、コンサルタントも。著書多数。
www.kyokosekine.com

text: Kyoko Sekine photo: Hiroshi Abe
2020年10月号「新しい日本の旅スタイル」


≫伊勢志摩で心身を解放!仕事がはかどるリゾートステイ「NEMU RESORT」

≫1300有余年の歴史。たゆたう近江屈指の古刹にステイ

東京のオススメ記事

関東エリアのオススメ記事

メールマガジン購読