ART

Bunkamura ザ・ミュージアム
「柔軟な企画性で見せるこだわりの展示空間」

2021.8.5
Bunkamura ザ・ミュージアム<br>「柔軟な企画性で見せるこだわりの展示空間」
Bunkamura ザ・ミュージアムエントランス

休日は知識や見識を広め、感性が磨かれる美術館巡りへ出掛けませんか? 都内にはさまざまなジャンルのアートが楽しめる美術館が数多く点在しています。また作品のみならず建築や庭園の美を楽しむのも美術館巡りの醍醐味です。気軽に足を運べる東京都内にある美術館の魅力を伝える本企画。今回は、柔軟な企画性で見せるこだわりの展示空間が魅力のBunkamura ザ・ミュージアム」を紹介します。

渋谷にある大型複合文化施設「Bunkamura」。オーチャードホールやシアターコクーンといった舞台施設もある同館に入っているのが、「Bunkamura ザ・ミュージアム」だ。ガーデンフロアと呼ばれる地下階に位置し、総床面積837m²天井高4mの美術館となっている。

Bunkamura ザ・ミュージアムは、年~回の企画展の運営を主体としているのが特徴。展覧会ごとにがらりと変わる展示空間やこだわりの演出が魅力で、「薔薇空間」(2008年開催)では、会場内をバラの庭園のような空間に装飾し演出。企画展の内容自体は、近代美術の流れに焦点を当てたものを中心に、それまで日本で紹介されることが少なかった作家の個展や海外の著名な美術館の名品展の他、写真展なども手がけている。近年では、「国立トレチャコフ美術館所蔵 ロマンティック・ロシア」展や、「永遠のソール・ライター」展などが話題に。Bunkamuraらしさを重視した企画展に、毎年多くの人が期待を寄せている。

2018年1月6日~3月11日の期間で開催された「神聖ローマ帝国皇帝ルドルフ2世の驚異の世界展」展示会場

スタッフが教える!当館の魅力

アートもカフェもショップも!
とことん楽しめる「Bunkamura」

「複合文化施設Bunkamura内には、映画館、レストラン、カフェ、ブックショップ、ギャラリー、グッズショップなどお楽しみいただける施設が充実!ぜひ合わせてご利用ください。」

Bunkamura ザ・ミュージアム
住所|
渋谷区道玄坂2-24-1
Tel|050-5541-8600(ハローダイヤル)
開館|展覧会により異なる
休館日|展覧会により異なる
料金|展覧会により異なる
交通|JR山手線ほか渋谷駅から徒歩7分
駐車場|なし
https://www.bunkamura.co.jp/museum/

TOKYO美術館
国立新美術館
東京都国立博物館
国立西洋美術館
森美術館
東京都美術館
上野の森美術館
資生堂ギャラリー
三菱一号館美術館
東京国立近代美術館
東京ステーションギャラリー
21_21 DESIGN SIGHT
森アーツセンターギャラリー
東京富士美術館
東京都庭園美術館
SOMPO美術館
パナソニック汐留美術館
根津美術館
サントリー美術館
山種美術館
Bunkamura ザ・ミュージアム
三井記念美術館
太田記念美術館
日本民藝館
五島美術館
ワタリウム美術館
すみだ北斎美術館
岡本太郎記念館
ちひろ美術館・東京
竹久夢二美術館・弥生美術館
朝倉彫塑館
東京都写真美術館
NTTインターコミュニケーションセンター(ICC)
東洋文庫ミュージアム
d47 MUSEUM
東京藝術大学大学美術館
武蔵野美術大学 美術館・図書館
東京造形大学付属美術館
世田谷美術館
目黒区美術館
練馬区立美術館
渋谷区立松濤美術館
府中市美術館

2018年別冊「TOKYO美術館」


 

東京のオススメ記事

関連するテーマの人気記事