ART

パナソニック汐留美術館
「ルオー財団公認の展示、洗練された企業美術館」

2021.8.1
パナソニック汐留美術館<br>「ルオー財団公認の展示、洗練された企業美術館」
2021年春開催の「クールベと海 展―フランス近代 自然へのまなざし」の展示風景

休日は知識や見識を広め、感性が磨かれる美術館巡りへ出掛けませんか? 都内にはさまざまなジャンルのアートが楽しめる美術館が数多く点在しています。また作品のみならず建築や庭園の美を楽しむのも美術館巡りの醍醐味です。気軽に足を運べる東京都内にある美術館の魅力を伝える本企画。今回は、ルオー財団公認の洗練された企業美術館、「パナソニック汐留美術館」を紹介します。

ルオー作品を常設展示する「ルオー・ギャラリー」

20世紀フランスを代表する画家ジョルジュ・ルオーの作品を広く人々に鑑賞してもらうことを目的に開館。パリのルオー財団より、ルオーの名前を冠することを許可された世界で唯一の美術館だ。館内にはルオーの作品を常設展示する「ルオー・ギャラリー」があり、所蔵する約240点の作品からさまざまな切り口で企画展を開催している。パナソニックの事業と関わりの深い「建築・すまい」「工芸・デザイン」をテーマに企画展も開催。「人と空間」「人ともの」の新しい関係を、「再現展示」「体感展示」を通じて提案している。

美術館のロビー

スタッフが教える!当館の魅力

最新の技術と
知識を活かした照明

「当館では全館最新のLED照明を設置。従来の照明に比べ美術品に優しく、多彩な光色をもつため、作品本来の魅力を引き出してくれます」

当館を語るうえで欠かせない作品

ジョルジュ・ルオー 《秋の夜景》 1952年

「ルオーによる、重厚な油彩の塗りで輝く色彩世界を表した名作です」

パナソニック汐留美術館
住所
港区東新橋1-5-1 パナソニック東京汐留ビル4階
Tel|050-5541-8600(ハローダイヤル)
開館10:00〜18:00(最終入館は閉館30分前まで)
休館日|水曜(祝日の場合は開館)
料金内容により異なる
交通JR山手線他新橋駅より徒歩8分
駐車場なし
https://panasonic.co.jp/ls/museum/

TOKYO美術館
国立新美術館
東京都国立博物館
国立西洋美術館
森美術館
東京都美術館
上野の森美術館
資生堂ギャラリー
三菱一号館美術館
東京国立近代美術館
東京ステーションギャラリー
21_21 DESIGN SIGHT
森アーツセンターギャラリー
東京富士美術館
東京都庭園美術館
SOMPO美術館
パナソニック汐留美術館
根津美術館
サントリー美術館
山種美術館
Bunkamura ザ・ミュージアム
三井記念美術館
太田記念美術館
日本民藝館
五島美術館
ワタリウム美術館
すみだ北斎美術館
岡本太郎記念館
ちひろ美術館・東京
竹久夢二美術館・弥生美術館
朝倉彫塑館
東京都写真美術館
NTTインターコミュニケーションセンター(ICC)
東洋文庫ミュージアム
d47 MUSEUM
東京藝術大学大学美術館
武蔵野美術大学 美術館・図書館
東京造形大学付属美術館
世田谷美術館
目黒区美術館
練馬区立美術館
渋谷区立松濤美術館
府中市美術館

2018年別冊「TOKYO美術館」


東京のオススメ記事

関連するテーマの人気記事