ART

東京国立近代美術館
「日本の近・現代美術の歴史を堪能できる」

2021.7.25
東京国立近代美術館<br>「日本の近・現代美術の歴史を堪能できる」
本館外観。設計は建築家・谷口吉郎

休日は知識や見識を広め、感性が磨かれる美術館巡りへ出掛けませんか? 都内にはさまざまなジャンルのアートが楽しめる美術館が数多く点在しています。また作品のみならず建築や庭園の美を楽しむのも美術館巡りの醍醐味です。気軽に足を運べる東京都内にある美術館の魅力を伝える本企画。今回は、日本の近・現代美術の歴史を堪能できる「東京国立近代美術館」を紹介します。

所蔵作品展「MOMATコレクション」内の風景

皇居のほど近くに建つ、日本で最初の国立美術館。最大の特徴は、横山大観、菱田春草、岸田劉生らの重要文化財を含む1万3000点を超える国内最大級のコレクション。明治から現代までの国内外の名作から会期ごとに選りすぐった約200点を展示する所蔵作品展「MOMATコレクション」は、100年を超える日本美術の流れを一気に鑑賞できる国内唯一の展示だ。

近代美術のエッセンスを集めた「ハイライト」コーナーや「日本画」コーナーのほか、毎日開催される「所蔵品ガイド」は、まるで作品の謎解きをするかのような鑑賞体験ができると、人気のプログラムとなっている。また年に数回、さまざまなテーマに基づいて国内外の美術作品を紹介する企画展も見逃せない。

鑑賞後は、眺望抜群の展望休憩室「眺めのよい部屋」でくつろいだり、三國清三シェフプロデュースのレストラン「ラー・エ・ミクニ」に立ち寄れば、いっそうアートの余韻に浸ることができる。

桜の季節は、「美術館の春まつり」を開催。桜を描いた名作の鑑賞や特製お花見弁当など、千鳥ヶ淵や北の丸公園といった近隣の桜の名所と合わせて盛りだくさんに楽しめる全館イベントだ。毎週金曜と土曜は20時までの夜間開館を実施している。

※新型コロナウイルスの影響により、内容変更の可能性があります。最新状況はウェブサイトを確認ください

スタッフが教える!当館の魅力

ガイドと一緒に楽しむ!
所蔵品ガイド

「当館では、ガイドスタッフや参加者との「対話によるガイド」が人気です。毎日14時から約1時間開催され、作品を新しい視点で見ることができるのでおすすめですよ。」

※新型コロナウイルスの影響により、現在は開催中止。再開時期については美術館ウェブサイトをご確認ください

当館を語るうえで欠かせない、見逃せない名作

菊池芳文 《小雨ふる吉野》 1914年

「まずは桜の名手として知られる菊池芳文の代表作『小雨ふる吉野』。左隻では満開の桜を至近距離からじっくりと、右隻では小雨にけぶって桜が見え隠れするしっとりとした空間を楽しめます。」

萬鉄五郎《裸体美人》 1912年 重要文化財

「そして萬鉄五郎『裸体美人』。萬は、穏健で説明的な描写に飽き足らず、原色の対比や激しい筆致の表現を試みました。この大胆な女性像は、個性の尊重が叫ばれた大正時代のさきがけとなる記念碑的な作品です。」

岸田劉生 《麗子肖像(麗子五歳之像)》1918年

「そして岸田劉生『麗子肖像(麗子五歳之像)』。写実を突き詰め「内なる美」を描き出そうとした劉生。髪の毛や着物のしわまで徹底して細密に描くことで、あどけない愛娘が聖性を帯びて見えてきます。」

施設紹介

緑豊かな皇居と丸の内ビル群を一望できる4階休憩コーナー「眺めのよい部屋」
3階の日本画コーナー
「芸術と料理」がテーマのレストラン「ラー・エ・ミクニ」

東京国立近代美術館
住所
千代田区北の丸公園3-1
Tel|050-5541-8600(ハローダイヤル)
開館10:00〜17:00、金・土曜〜20:00(最終入館は閉館30分前まで)
休館日月曜(祝日の場合は開館し、翌日休館)、展示替期間、年末年始
料金一般 500円 ※企画展観覧料は別途
交通東京メトロ東西線竹橋駅1b出口より
徒歩|3分
駐車場なし
https://www.momat.go.jp/

TOKYO美術館
国立新美術館
東京都国立博物館
国立西洋美術館
森美術館
東京都美術館
上野の森美術館
資生堂ギャラリー
三菱一号館美術館
東京国立近代美術館
東京ステーションギャラリー
21_21 DESIGN SIGHT
森アーツセンターギャラリー
東京富士美術館
東京都庭園美術館
SOMPO美術館
パナソニック汐留美術館
根津美術館
サントリー美術館
山種美術館
Bunkamura ザ・ミュージアム
三井記念美術館
太田記念美術館
日本民藝館
五島美術館
ワタリウム美術館
すみだ北斎美術館
岡本太郎記念館
ちひろ美術館・東京
竹久夢二美術館・弥生美術館
朝倉彫塑館
東京都写真美術館
NTTインターコミュニケーションセンター(ICC)
東洋文庫ミュージアム
d47 MUSEUM
東京藝術大学大学美術館
武蔵野美術大学 美術館・図書館
東京造形大学付属美術館
世田谷美術館
目黒区美術館
練馬区立美術館
渋谷区立松濤美術館
府中市美術館

写真提供:東京国立近代美術館
2018年別冊「TOKYO美術館」


 

東京のオススメ記事

関連するテーマの人気記事