ART

練馬区立美術館
「新しい視点を拓く企画展」

2021.8.25
練馬区立美術館<br>「新しい視点を拓く企画展」

休日は知識や見識を広め、感性が磨かれる美術館巡りへ出掛けませんか? 都内にはさまざまなジャンルのアートが楽しめる美術館が数多く点在しています。また作品のみならず建築や庭園の美を楽しむのも美術館巡りの醍醐味です。気軽に足を運べる東京都内にある美術館の魅力を伝える本企画。今回は、新しい視点を拓く企画展を開催している、「練馬区立美術館」を紹介します。

練馬区立美術館の正面入り口では熊の植栽彫刻がお出迎え。緑地は20種類、計32体の動物たちが潜む「幻想美術動物園」となっている

都内3番目の区立美術館として1985年に開館。日本の近現代美術を中心に、近年では浮世絵や西洋絵画、絵本など時代や地域、ジャンルの枠を広げ、新しい視点を拓く展覧会を企画している。

また、個性的な作品で近代日本美術史上に大きな足跡を残した画家・靉光(あいみつ)や2020年に100歳を迎えた戦後日本を代表する画家・野見山暁治など、地域ゆかりの作家を中心に、日本の近現代美術作品を幅広い視野で収集し、コレクションを活かした展覧会も定期的に開催。インターネットを通じてコレクション情報の発信もおこなっている。

親しみやすい身近な美術館を目指し、幅広い世代が気楽に美術を楽しめるよう教育普及事業も多彩に展開。区民の制作・発表の場として創作室とギャラリーの貸し出しもおこなう。32体の動物彫刻が設置された「美術の森緑地」が隣接し、美術館は地域の憩いの場ともなっている。

施設紹介

開放感のあるロビー。1階の貫井図書館では、同館で行われた展覧会の図録のほか、日本の近現代美術の展覧会図録や美術関連書籍など、美術に関する書籍が並ぶ。美術館・図書館共催のイベントも実施
2階展示室
大きな窓がある廊下

日本近現代美術を中心に、斬新な視点・切り口でさまざまな展覧会を行うほか、学芸員や作家によるギャラリートークやロビーを利用したコンサート、技術や知識を学ぶ講座など、教育普及事業を展開するなど、区民からも愛される同館。アートとともに土地の魅力も楽しんでみてはいかがだろうか。

練馬区立美術館
住所
練馬区貫井1-36-16
Tel|03-3577-1821
開館10:00〜18:00(最終入館は閉館30分前まで)
休館日|月曜(祝休日の場合は翌平日)
料金展覧会により異なる
交通西武池袋線中村橋駅から徒歩3分
駐車場なし
https://www.neribun.or.jp/museum.html

TOKYO美術館
国立新美術館
東京都国立博物館
国立西洋美術館
森美術館
東京都美術館
上野の森美術館
資生堂ギャラリー
三菱一号館美術館
東京国立近代美術館
東京ステーションギャラリー
21_21 DESIGN SIGHT
森アーツセンターギャラリー
東京富士美術館
東京都庭園美術館
SOMPO美術館
パナソニック汐留美術館
根津美術館
サントリー美術館
山種美術館
Bunkamura ザ・ミュージアム
三井記念美術館
太田記念美術館
日本民藝館
五島美術館
ワタリウム美術館
すみだ北斎美術館
岡本太郎記念館
ちひろ美術館・東京
竹久夢二美術館・弥生美術館
朝倉彫塑館
東京都写真美術館
NTTインターコミュニケーションセンター(ICC)
東洋文庫ミュージアム
d47 MUSEUM
東京藝術大学大学美術館
武蔵野美術大学 美術館・図書館
東京造形大学付属美術館
世田谷美術館
目黒区美術館
練馬区立美術館
渋谷区立松濤美術館
府中市美術館

2018年別冊「TOKYO美術館」


 

東京のオススメ記事

関連するテーマの人気記事