ART

武蔵野美術大学 美術館·図書館
「アートからデザインまで、美と知の複合施設」

2021.8.21
武蔵野美術大学 美術館·図書館<br>「アートからデザインまで、美と知の複合施設」
緑が豊かな武蔵野美術大学内にある美術館

休日は知識や見識を広め、感性が磨かれる美術館巡りへ出掛けませんか? 都内にはさまざまなジャンルのアートが楽しめる美術館が数多く点在しています。また作品のみならず建築や庭園の美を楽しむのも美術館巡りの醍醐味です。気軽に足を運べる東京都内にある美術館の魅力を伝える本企画。今回はさまざまな企画展を愉しめる武蔵野美術大学のシンボル、「武蔵野美術大学 美術館·図書館」を紹介します。

コレクションを活かした展覧会や教員監修の企画展など、大学美術館ならではの展覧会が楽しめる

武蔵野美術大学の大学美術館は、図書館と一体化した“美と知の複合施設”として2011年にリニューアル開館。大学のシンボルとなっている。芦原義信氏の設計による施設の改修を手掛けたのは、2025年日本国際博覧会(大阪・関西万博)の会場デザインプロデューサーも務める世界的な建築家・藤本壮介氏。

アートからデザインまで多様な自主企画展や収蔵品展など、年間約10本の展覧会を開催し、活発な情報発信を行っている。また、約3万点に及ぶポスターや約400点を数える近現代椅子など、4万点を超える収蔵品は、デザイン研究の貴重な基礎資料として社会的にも大きな意義をもつコレクションを形成している。

「オムニスカルプチャーズ——彫刻となる場所」2021年、会場風景 撮影:KEI OKANO

スタッフが教える!当館の魅力

約400点に及ぶ
名作椅子のコレクション

「美術館棟リニューアルで新設されたのが「椅子ギャラリー」です。1969年から本学学生の教育研究のために収集をはじめ、19世紀後半から現代までの名作といわれる椅子を体系的にコレクションしています。開館中はいつでもガラス壁の外側より見学いただけます」

「令和元年度 武蔵野美術大学 卒業・修了制作 優秀作品展」2020年、会場風景 撮影:稲口俊太

美術やデザインにまつわる数々の作品と同時に建築も楽しめる同館。膨大なコレクションの中で、ゆっくりとアートに浸る一日を過ごすのもよいかもしれない。

武蔵野美術大学 美術館·図書館
住所
小平市小川町1-736
Tel|042-342-6003
開館10:00〜18:00、土曜、特別開館日〜17:00
休館日|日曜、祝日(企画内容によって変更あり)、展示入替期間、入構禁止期間
料金無料
交通西武国分寺線鷹の台駅から徒歩18分
駐車場なし
https://mauml.musabi.ac.jp

TOKYO美術館
国立新美術館
東京都国立博物館
国立西洋美術館
森美術館
東京都美術館
上野の森美術館
資生堂ギャラリー
三菱一号館美術館
東京国立近代美術館
東京ステーションギャラリー
21_21 DESIGN SIGHT
森アーツセンターギャラリー
東京富士美術館
東京都庭園美術館
SOMPO美術館
パナソニック汐留美術館
根津美術館
サントリー美術館
山種美術館
Bunkamura ザ・ミュージアム
三井記念美術館
太田記念美術館
日本民藝館
五島美術館
ワタリウム美術館
すみだ北斎美術館
岡本太郎記念館
ちひろ美術館・東京
竹久夢二美術館・弥生美術館
朝倉彫塑館
東京都写真美術館
NTTインターコミュニケーションセンター(ICC)
東洋文庫ミュージアム
d47 MUSEUM
東京藝術大学大学美術館
武蔵野美術大学 美術館・図書館
東京造形大学付属美術館
世田谷美術館
目黒区美術館
練馬区立美術館
渋谷区立松濤美術館
府中市美術館

2018年別冊「TOKYO美術館」


 

東京のオススメ記事

関連するテーマの人気記事