FOOD

はじめての抹茶の点て方。
「お点前に必要な道具」編

2020.11.18
はじめての抹茶の点て方。<br>「お点前に必要な道具」編

一度はやってみたいけれど、作法手順が気になって敬遠してしまう茶道のお手前。自宅やお友達同士の気軽な場であれば作法も必要ないし、自宅にあるもので簡単にできるんです。茶せん以外は日常使いのものでまかなえてしまいます。今回は、お点前に必要な道具を紹介します。

≪前の記事を読む

監修
うおがし銘茶 茶の実倶楽部
住所|東京都中央区築地2-11-12

Tel|03-3542-2336
https://www.uogashi-meicha.co.jp

初めてのお手前は、家にある道具でやってみよう

抹茶を点てるときに必要なのは、抹茶、抹茶茶碗、茶せん、湯冷まし茶碗、茶杓(スプーン)、手ぬぐいのみ。素材や品質にこだわればそれぞれピンキリなのだが、気軽に楽しむのであれば高価なものは必要なく、自宅にあるものでほとんどがまかなえてしまう。

抹茶

抹茶にはランクがあり、高価なものほどコクや甘みがしっかりしている。時間が経つと、粉が固まり点てづらくなる。そんなときは茶こしを使おう。

抹茶茶碗

抹茶茶碗がないときは、茶せんでかき混ぜることができる大きさであれば、カフェオレボウルやご飯茶碗でも代用可能だ。

茶せん

茶せんは安価なもので1470円くらいから。値段が高くなるほど、竹の質がよくなり、しなやかで持ちもよくなる。消耗品なので、先端の竹が折れてきたら買い換えどき。

茶杓(ちゃしゃく)

茶杓があればお手前気分も盛り上がる。さじ部分の角度や大きさはそれぞれで、好みで選ぶのがよいだろう。ひとすくいと半分でスプーン一杯分の量に。

お湯をいれる茶碗

ポットやヤカンから抹茶茶碗に直接お湯を入れるのではなく、一度湯冷まし用の茶碗に入れるとちょうどよい温度になる。サイズは湯飲み茶碗くらい。

手ぬぐい

手ぬぐいは茶碗やスプーンを拭くためのもの。また使い終わった道具セットをお盆にのせて手ぬぐいをかぶせれば、カバーにもなる。

最近ではさまざまなメーカーから野点セットなども販売されており、屋外でも抹茶を楽しめるようになりました。形式にこだわらずに、自分のスタイルで気軽にお茶会を楽しんでみてはいかがでしょうか。

≫次の記事を読む
≪前の記事を読む

はじめての抹茶の点て方
1|基礎知識 編

2|お点前に必要な道具 編
3|薄茶の点て方 編
4|濃茶の練り方 編

text:Discover Japan photo:Kenta Suzuki
2013年12月号「コーヒーとお茶」


≫Discover Japanがオススメの抹茶がお取り寄せできます
※売切れの場合もございます

≫Discover Japan、オンラインショップ第2弾企画「全国の有名ギャラリーが注目するうつわ作家」

≫岐阜美濃 の「うだつの上がる町並み」でお茶しない?

RECOMMEND

READ MORE

メールマガジン購読