FOOD

オール香川で仕込まれた、さぬきオリーブ酵母の日本酒

2021.3.18
オール香川で仕込まれた、さぬきオリーブ酵母の日本酒

オリーブの生産量が全国トップの香川県で、オリーブの実から採取した酵母を用いた日本酒が4酒蔵から誕生した。「さぬきオリーブ酵母」と名づけられたこの酵母は、香川県酒造組合と県産業技術センター発酵食品研究所の共同研究により2018年に発見されたもの。いずれも、さぬきオリーブ酵母や地元の米などすべて香川県の原料で仕込み、オリーブハマチやオリーブ牛といった、瀬戸内の豊かな風土を生かした特産品との相性を意識して造られ、2020年のかがわ県産品コンクールにて優秀賞を受賞している。穏やかな香りとトロピカルな酸味が特徴のさぬきオリーブ酵母酒を、瀬戸内食材とのペアリングを楽しみながら味わってみてはいかがだろうか。

2020年度のかがわ県産品コンクールにて優秀賞を受賞

金陵 瀬戸内オリーブ純米吟醸

青々としたオリーブ由来の天然酵母育ちでありながら、マスカットを思わせるフレーバーが特徴だ。トロピカルで爽やかな味わいは、ステーキなどの肉料理や洋食によく合う。

価格|1650円(720㎖)
原材料|香川県産さぬきよいまい
精米歩合|58%
アルコール度数|15度
問|西野金陵
Tel|0877-73-4133
https://www.nishino-kinryo.co.jp/

Setouchi KAWATSURU 純米吟醸 さぬきオリーブ酵母仕込み

低温発酵でじっくりと醸造し、みずみずしい軽快な酸味とキレが楽しめる。後味にはオリーブらしいほのかな苦みが広がり、ペペロンチーノなどのオリーブオイルを使った料理と相性抜群。

価格|1716円(720㎖)
原材料|香川県産オオセト
精米歩合|55%
アルコール度数|14度
問|川鶴酒造
Tel|0875-25-0001
https://kawatsuru.com

綾菊 さぬきオリーブ 純米酒

パッションフルーツやライチのような酸味と爽やかな風味の中に、しっかりとした米の旨みが感じられるバランスのとれた純米酒。和食はもちろん、フレンチやイタリアンにもマッチする。

価格|1430円(720㎖)
原材料|香川県産オオセト
精米歩合|60%
アルコール度数|15度
問|綾菊酒造
Tel|087-878-2222
https://ayakiku.com

小豆島にオリーブの実のなるころ…

瓶燗火入れを行った後に-5℃の冷蔵庫でしっかり寝かせることにより、熟したオリーブの実のような旨みを再現。ぽってりとした甘みで飲みやすく、生ハムやムニエルなどの塩味の効いた料理とともに味わうのがおすすめ。

価格|2145円(720㎖)
原材料|小豆島産オオセト
精米歩合|60%
アルコール度数|15度
問|小豆島酒造
Tel|0879-61-2077
https://www.morikuni.jp/

アンテナショップのフェアで
さぬきオリーブ酵母酒や酒器を手に入れよう!

香川県と愛媛県の特産品を扱うアンテナショップ「せとうち旬彩館」の中にある「郷土・せとうち料理 かおりひめ」では、オリーブ酵母酒フェアを実施中。店内でいずれかのさぬきオリーブ酵母酒を注文の方に、毎月抽選でさぬきオリーブ酵母酒や香川県の酒器が当たる。プレゼントでもらえる酒器は、それぞれの銘柄に合わせたこだわりの4種類。いまが旬のサワラの刺身やさぬきのめざめ(アスパラ)の肉巻きなど自然の恵みを生かした瀬戸内料理とともに、さぬきオリーブ酵母酒をぜひ楽しんでみて。

AJI PROJECT「CAVE SETCUP」×西野金陵「金陵 瀬戸内オリーブ純米吟醸」
香川県・庵治地方でしか採れない、世界で最高品質と称される花崗岩「庵治石(あじいし)」を用いた酒器。「金陵 瀬戸内オリーブ純米吟醸」とともに、酒器も酒も冷やして味わうのがおすすめだ。

中田漆木「銀彩ぐいのみ」×川鶴酒造「Setouchi KAWATSURU 純米吟醸 さぬきオリーブ酵母仕込み」
漆器の産地のひとつである香川県高松市で、無垢材を生かしながら手仕事で制作を行う中田漆木。ポップな色漆の柄が、フレッシュ感たっぷりの「Setouchi KAWATSURU 純米吟醸 さぬきオリーブ酵母仕込み」に合う。

さぬきうるし Sinra「Zoukoku ぐいのみ“武”」×綾菊酒造「綾菊 さぬきオリーブ 純米酒」
香川添器の技法「象谷(ぞうこく)」を用い、庵治石(あじいし)を混ぜることで独特の質感を表現。「綾菊 さぬきオリーブ 純米酒」と組み合わせれば、飲み口の広がりによってフルーティな香りが心地よく広がる。

Rie Glass Garden「Olive Glass 酒器ちょこ 丸」×小豆島酒造「小豆島にオリーブの実のなるころ…」
オリーブの枝や葉を溶かし込むことによって、まるで瀬戸内の風景を写し取ったかのような美しい色を再現。丸みを帯びたかたちで、「小豆島にオリーブの実のなるころ…」の旨みをよりいっそう引き出してくれる。

オリーブ酵母酒フェア
期間|~5月31日(月)
会場| 郷土・せとうち料理 かおりひめ
住所|東京都港区新橋2-19-10 新橋マリンビル せとうち旬彩館2F
営業時間|要お問合せ(Tel:03-3574-7792)
定休日|なし
賞品|オリーブ酵母酒とおすすめの酒器ペアセット 4名様、オリーブ酵母酒いずれか一本 60名様 ※オリーブ酵母酒及び酒器はどれが当たるか選べません。

Discover Japan 2021年1月 特集「温泉と酒。」


≫瀬戸内海という名の芸術作品に浮かぶ名旅館「ガンツウ」。

≫新政酒造・佐藤祐輔さんが手掛けた、自然を守り、伝統をつなぐ酒造り。

≫知っているようで知らない酒知識

香川のオススメ記事

四国エリアのオススメ記事