FOOD

御所参内のために秀吉が新設「御幸町通」
御所周辺完全攻略

2019.9.24
御所参内のために秀吉が新設「御幸町通」<br>御所周辺完全攻略

仁の乱により京の街はすっかり荒廃してしまい、高倉通をから東にはまともな道がなかったという。そんな中、豊臣秀吉は京都の都市改革の一環として「天正の地割」と呼ばれる街路整備を行った。御幸町通は、そのときに造られた通りのうちの一本。

通り名の由来は諸説あり、有力なのが、秀吉が伏見(あるいは大坂)から禁裏御所に参内する際にこの道を通ったというもの。天子が御幸(ぎょこう)になることからともいわれるが、同じ言葉を使いながら上皇や法皇のおでましを御幸(ごこう)と呼び表すことから、秀吉もこれに準じ、秀吉のための道になったといわれている。

全長:約2.4㎞ 北は丸太町通から南は五条通まで
開通:1590(天正18)年以降
主な建造物・史跡:1928ビル、堀金箔粉

柳櫻園茶舗

色・香り・味ともにこだわった最高品質の抹茶、錦上の昔(40g入り3780円)は、お濃茶としても重宝される
至極の香りと至福の味わいを

明治初期、茶道に精通した初代が創業した当初より、三千家御家元や大徳寺などに贔屓にされてきたお茶の専門店。芳香に包まれる静かな店内で、かりがねほうじ茶など、好きなお茶を選ぼう。

柳櫻園茶舗
住所:京都市中京区丁子屋町690
Tel:075-231-3693
営業時間:9:00~18:00
定休日:日曜

La masa.

パエリアは各種1700円〜。食材や予算を相談できる季節のパエリアやパスタのパエリアもある。

「人や物が集まるところ」という想いを込めて名付けられた、京都を代表する京町家のスペインレストラン。2018年に現在の場所へ移転し、イワシなどの海の幸料理と、パエリアなどの米料理が豊富。

La masa.
住所:京都市中京区御幸町通御池上ル亀屋町380
Tel:075-255-6093
営業時間:12:00~14:00(L.O.)、18:00~22:00(L.O.)
定休日:水曜

竹又 中川竹材店

竹製アロマディフューザー、TA KE REED(8640円)。花を飾るような感覚で、インテリアのアクセントに

夏は蒸し暑く、冬は底冷えの京都は良質の竹の産地で、建材から茶器まで、多様に使われてきた。その加工技術をいまに伝え、インテリアや小物・雑貨を扱う元禄元年創業の老舗。店内では竹かご作り体験(1名3500円)もできる。

竹又 中川竹材店
住所:京都市中京区御幸町通二条上ル達磨町610
Tel:075-231-3968
営業時間:9:00~18:00
定休日:日曜、祝日

2019年10月号 特集「京都 令和の古都を上ル下ル」

《御所周辺完全攻略》シリーズ一覧へ

京都のオススメ記事

近畿エリアのオススメ記事

メールマガジン購読