TRAVEL

嬉野の新しい旅、「茶泊」と「茶話」

2020.4.10
<b>嬉野の新しい旅、「茶泊」と「茶話」</b>

日本茶の名産地として知られ、日本三大美肌の湯に数えられる嬉野温泉を有する佐賀・嬉野。日本茶をテーマに茶処をめぐる、新しい旅のスタイル「ティーツーリズム」の最先端地域でもある嬉野に、新たにユニークなコンテンツが加わった。その名も「茶泊」と「茶話」。いったいどんな内容なのか? 嬉野の最新ティーツーリズム事情をお届けする。

茶・温泉・肥前吉田焼
三位一体のツーリズム

「ティーツーリズム」を完全サポート
茶泊 ゲスト1 組に対し、1 名のティーバトラーが付き、嬉野滞在中のお茶の世話をすべて行う体験プログラム。ウェルカムドリンクから、茶畑へのアテンド、茶空間によるティーセレモニー、料理とのティーペアリングまで、お茶を楽しむことに特化した1泊2日のプラン ※利用時は宿に要事前問い合わせ

日本茶が好きで、佐賀・嬉野を訪れたことがないという方は、ぜひ一度訪れてみてほしい。うれしの茶が旨いのはもちろん、嬉野には茶を最大限に楽しめる観光コンテンツが充実しているからだ。

嬉野は500年以上の歴史を有する茶の名産地だ。また、日本三大美肌の湯に数えられる「嬉野温泉」、そして、茶器などがポピュラーな「肥前吉田焼」も旅の目的になる。この3つを融合させ生まれた新しい観光スタイルが「ティーツーリズム」である。ゲストをもてなすのは、なんと茶師(茶農家)自身だ。

1回6名限定のプレミアムなティーサロン
茶話 旅館の専用サロンを舞台に開催。茶師(茶農家)自らがゲストの目の前でお茶を淹れ、供してくれる。茶の解説や、茶師が考えるうれしの茶の魅力などを聞きながら、3杯のお茶、2種の菓子が味わえる。バーでの会話や酒のようにうれしの茶を楽しもう

旅の拠点となるのは、温泉街に点在する名湯宿。予約をしておくことで、滞在中のさまざまなシーンで、茶師がホスト役となり、特別な“茶体験”を演出してくれる。前ページで紹介した「茶泊」や「茶話」もそのひとつ。嬉野の茶師はもてなし上手で、お話上手。茶の知識も深く、熱意も強い。気軽に交流して、ぜひ会話を楽しんでほしい。そうすることで、旅の時間はいっそう豊かになる。

必見なのは、市内4カ所に点在する「茶空間」。ロケーションも驚きだが、茶畑の中で茶師が淹れる茶をいただく体験は格別のひととき。この一杯を味わうために、嬉野を訪れる価値がある。

「茶空間」めぐりも
「ティーツーリズム」の醍醐味

天茶台 by 副島園
茶師・副島仁さんの茶畑にある「天茶台」。標高約200mの高台に位置し、市街を見下ろしながらうれしの茶をいただける絶景スポット
住所|佐賀県嬉野市嬉野町大字下野甲427
温泉街より|車15分、自転車25分、徒歩60分

茶塔 by 池田農園
大村湾を望む茶畑内に立つ、高さ3mの茶空間。茶塔に座り周囲を見渡すと、まるで茶畑の海に浮かぶ舟の上にいるかのような感覚に
住所|佐賀県嬉野市嬉野町大字岩屋川内乙3729-84
温泉街より|車20分、自転車60分、徒歩120分

吉田茶室 by 副千製陶所
嬉野は肥前吉田焼の産地でもある。壁を埋める竹が凛とした雰囲気の茶空間は、窯元の倉庫を活用。副千製陶所のギャラリーも兼ねる
住所|佐賀県嬉野市嬉野町大字吉田丁4116
温泉街より|車10分、自転車25分、徒歩60分

杜の茶室 by 永尾豊裕園
四方を木々に囲まれた茶畑に佇む静寂の茶室。杜の中で、茶の香りに包まれながら、うれしの茶をいただく。嬉野ならではの体験だ
住所|佐賀県嬉野市嬉野町大字岩屋川内乙686
温泉街より|車20分、自転車60分、徒歩120分

旅の拠点となる温泉宿

嬉野温泉 和多屋別荘
2万坪の敷地を有する湯宿。男女別浴場は4つ。食事処では、名物の湯どうふと佐賀牛が味わえる。うれしの茶や肥前吉田焼も購入可
住所|佐賀県嬉野市嬉野町大字下宿乙738
Tel|0954-42-0210
料金|2 名1 室1 泊2食付1万5000円〜(サ込・税別)
泉質|天然温泉、ナトリウム炭酸水素塩・塩化物泉(低張性弱アルカリ性高温泉)
泉温|約80℃
加温|なし
加水|あり
かけ流し|あり
日帰り|可
貸し切り風呂|あり
www.wataya.co.jp

大村屋
1830年創業とされている老舗の湯宿。現在は“音楽と本”をテーマに空間を創出しており、宿泊者以外も利用できるラウンジがある
住所|佐賀県嬉野市嬉野町大字下宿乙848
Tel|0954-43-1234
料金|2 名1 室1泊2食付1万3000円〜(サ込・税別)
泉質|ナトリウム・炭酸水素塩・塩化物泉(低張性弱アルカリ性高温泉)
泉温|約92.5℃
加温|なし
加水|なし
かけ流し|あり
日帰り|可
貸し切り風呂|あり
www.oomuraya.co.jp

問い合わせ
[ 観光全般について ]
嬉野温泉観光協会(Tel:0954-43-0137)
[ 宿泊について ]
嬉野温泉旅館組合(Tel:0954-42-0240)
[ ティーツーリズムについて ]
www.tea-tourism.com

文=編集部 写真=林 和也、大塚紘雅
2020年4月号 特集「いまあらためて知りたいニッポンの美」


≫佐賀県の記事をもっと読む

≫お茶に関する記事をもっと読む

佐賀のオススメ記事

九州エリアのオススメ記事

メールマガジン購読