FOOD

はじめての抹茶の点て方。
お茶のエスプレッソ「濃茶の練り方」編

2020.11.20
はじめての抹茶の点て方。<br>お茶のエスプレッソ「濃茶の練り方」編

自宅にいる時間が増えたいま、心を落ち着かせられる茶道を気軽に楽しんでみませんか? 今回紹介するのは「濃茶」の練り方。濃茶は“おこい”とも呼ばれ、「点てる」とはいわず「練る」といいます。濃厚かつ抹茶の味をより楽しめる贅沢な一杯をお試しあれ。

≪前の記事を読む

監修
うおがし銘茶 茶の実倶楽部
住所|東京都中央区築地2-11-12

Tel|03-3542-2336
https://www.uogashi-meicha.co.jp

用意するもの

・抹茶
・抹茶茶碗
・茶せん
・茶杓(ちゃしゃく)※スプーンで代用も可
・お湯をいれる茶碗
・手ぬぐい
≫詳しくはこちら

濃茶を練ってみよう!


薄茶のときのように抹茶茶碗を温め茶さじ3盛を入れる(3人分。1人分は2盛)。


湯冷まし茶碗にお湯を入れる。

〈Point〉
まず1/3くらいのお湯を抹茶茶碗に移す。


茶せんで抹茶とお湯をなじませるように練る。

〈Point〉
とろみを調整するためのお湯を追加で入れる。


さらに練るように混ぜる。

〈Point〉
温めておいた一口サイズのカップは滑りをよくするため拭かない。


カップに一口分の濃茶を取り分けたら、でき上り。

うつわに付いた抹茶は……

抹茶茶碗に残った(付いた)抹茶は、お湯を加えて攪拌(かくはん)すれば薄茶としていただける。濃茶は一度で二度おいしいのが魅力でもある。

正しい作法では、ひとつの碗に人数分の濃茶を練って、順番に味わって次の人へ回していきますが、自宅では効率重視でもOK。気兼ねなく抹茶の味を堪能しましょう。

≪前の記事を読む

はじめての抹茶の点て方
1|基礎知識 編

2|お点前に必要な道具 編
3|薄茶の点て方 編
4|濃茶の練り方 編

text:Discover Japan photo:Kenta Suzuki
2013年12月号「コーヒーとお茶」


≫Discover Japanがオススメの抹茶がお取り寄せできます
※売切れの場合もございます

≫Discover Japan、オンラインショップ第2弾企画「全国の有名ギャラリーが注目するうつわ作家」

≫岐阜美濃 の「うだつの上がる町並み」でお茶しない?

RECOMMEND

READ MORE

メールマガジン購読