FOOD

主要道路として千年の歴史あり「油小路通」
御所周辺完全攻略

2019.10.7
主要道路として千年の歴史あり「油小路通」<br>御所周辺完全攻略
代表メニューは穴子薄造り(2〜3名盛り2500円)など。大きな町屋を改装した本店

平安時代、通りの北部には官庁街が広がり、南部には国営市場の東市、日本最古の大学・綜芸種智院がある幹線道路だった。応仁・文明の大乱後は、武士の街路に。また、秀吉は洛中・洛外を分ける「御土居」建設時、この道を中心軸にしたとされる。江戸時代には伏見への道としても賑わい、十数藩もの武家屋敷が並んでいたそうだ。

全長:約9.2 ㎞
北は竹殿南通から南は城南宮まで。紫明通~上立売通で中断
開通:平安京の油小路にあたる
主な建造物・史跡:西本願寺伝道院、白峯神宮

穴子家NORESORE 京都本店

店名の「のれそれ」は穴子の稚魚のこと。京都でも珍しい穴子専門店で、朝〆の伝助穴子のみを使用。焼く、揚げるのほか、刺身でも味わえるほど新鮮。

穴子家NORESORE 京都本店
住所:京都市中京区油小路通二条下ル二条油小路町276
Tel:075-708-6183
営業時間:11:00~14:30(L.O.14:00)、17:00~22:30(フードL.O.21:30、ドリンクL.O.22:00)
定休日:年末年始

2019年10月号 特集「京都 令和の古都を上ル下ル」

京都のオススメ記事

近畿エリアのオススメ記事

メールマガジン購読