FOOD

釜を鋳造した〝釜座〟に由来「釜座通」
御所周辺完全攻略

2019.9.26
釜を鋳造した〝釜座〟に由来「釜座通」<br>御所周辺完全攻略
写真手前の酢豚(900円)と、ミンチが大きめでふんわり蒸しあげた肉々しい焼売(660円)が代表メニュー

秀吉の「天正の地割」で開かれた道には、鎌倉時代以来、三条通あたりに茶釜などを鋳造する釜師が集まり「釜座」(座は組合)がつくっていた。通り名の由来だ。「かまの座」が転じて「かまん座」になったそう。現在も、千家の茶道具を手掛ける「千家十職」の釜師・大西家が家業を守り続けている。

全長:約1.2㎞ 北は下立売通から南は三条通まで
開通:1590(天正18)年以降
主な建造物・史跡:京都府庁旧本館、大西清右衛門美術館など

京都中華 ハマムラ

いまや全国でも評価の高い京都の中華。なかでも創業大正13年のハマムラは、京都を代表するあっさり味が自慢の老舗。大量に仕込まず、手間暇かけて小ロットでつくる職人気質の風格で、常連客を飽きさせない幅広い広東料理が味わえる。

京都中華 ハマムラ
住所:京都市中京区丸太町通釜座東入ル梅屋町175-2
Tel:075-221-4072
営業時間:11:30~14:00 18:00~21:30(L.O.)
定休日:月曜(祝日の場合は翌休)

2019年10月号 特集「京都 令和の古都を上ル下ル」


≫釜座通りと交差する、新旧ショップが集う家具屋街「夷川通」


≫釜座通りと並行にはしる良質の水に恵まれ染色業が発展「西洞院通」

京都のオススメ記事

近畿エリアのオススメ記事

メールマガジン購読