FOOD

茶の湯文化が息づく通り「小川通」
御所周辺完全攻略

2019.9.27
茶の湯文化が息づく通り「小川通」<br>御所周辺完全攻略

通り名の由来となった小川が流れ、革堂行願寺や足利義尚の「小川第」があった。この小川を挟んで山名宗全と細川勝元が激突したのが、応仁の乱。「天正の地割」後、秀吉は千利休の子・少庵に小川通寺之内の土地を与え、千家再興を許可。やがて表千家「不審庵」、裏千家「今日庵」が築かれ、現在にいたる。この地から茶の湯文化が世界へ発信されているのだ。

全長:約3.7㎞ 紫明通から南は錦路通まで
開通:1590(天正18)年以降
主な建築物・史跡:表千家不審庵、裏千家今日庵、宝鏡寺

京料理かじ

京料理を手頃に味わいたいなら 夜のコースは4400円~。謹製ちりめん山椒や佃煮も人気

平等院を創建した藤原頼通の邸宅「高陽院」跡にある京料理店。店主、梶氏の思いから、敷居を低くするため比較的手頃なコースを仕立て、かつ日本料理の素晴らしさ繊細で彩り豊かな一皿を提供。

京料理かじ
住所:京都市中京区丸太町通小川東入ル横鍛冶町112-19
Tel:075-231-3801
営業時間:12:00~15:30(L.O.14:00)、17:30~22:30(L.O.21:00)
定休日:水曜

 

2019年10月号 特集「京都 令和の古都を上ル下ル」

京都のオススメ記事

近畿エリアのオススメ記事

メールマガジン購読