FOOD

戦国時代は馬が駆ける道だった「柳馬場通」
御所周辺完全攻略

2019.10.3
戦国時代は馬が駆ける道だった「柳馬場通」<br>御所周辺完全攻略

もともとは平安京にあった万里小路(までのこうじ)。14世紀後半には足利将軍家の邸宅街として繁栄したが、応仁の乱により焼失。豊臣秀吉の「天正の地割」で再建された。

通りの二条あたりには当時、日本で最初の公許遊郭が開かれていた。通りの左右に美しい柳並木があることから「二条柳町」と呼ばれ、「柳馬場」の由来の一つとされている。

また一説では、1581(天正9)年に織田信長が馬場を造って馬の優劣を競う京都御馬揃えを行ったこと、1604(慶長9)年の秀吉7回忌で行われた馬揃えも通り名の由来とされているようだ。

全長:約2.3㎞ 北は丸太町通から南は五条通まで
開通:平安京の万里小路にあたる
主な建造物・史跡:京都ハリストス正教会

豆政 本店

おしゃれな豆菓子「京の町かど」黒豆ホワイトチョコ&クランベリー(540円)、クリーム五色豆・わさびピーナッツ・カレー&レーズン(各432円)
優しく懐かしい愛すべき豆菓子

初代が考案した京都名物・夷川五色豆をはじめ、豆菓子だけで約30種類、豆を使ったお菓子を含めると50種以上が揃う。創業から130年以上この地で、少しずつ変化を取り入れながらも変わらない豆菓子づくりを続けている。

住所:京都市中京区夷川通柳馬場西入ル6-264
Tel:075-211-5211
営業時間:8:00~18:00
定休日:日曜

2019年10月号 特集「京都 令和の古都を上ル下ル」

京都のオススメ記事

近畿エリアのオススメ記事

メールマガジン購読