TRAVEL

衣服との深いかかわりから命名「衣棚通」
御所周辺完全攻略

2019.10.3
衣服との深いかかわりから命名「衣棚通」<br>御所周辺完全攻略
新業態コミュニティストアが登場

江戸時代に著された「京町鑑」に「袈裟衣商ふ店多く有によつて衣店といふ。然るにいつの頃よりか店を棚に事かへたり」とある。椹木町下ルには大名の呉服所も置かれており、衣服との深いかかわりが通り名の由来に。途中、紫明通周辺や、一条通~上長者町通間など、ところどころで分断されながら、六角通から北は賀茂川右岸の賀茂街道へといたる。

全長:約4.3㎞ 北は北大門通から南は六角通まで
開通:1590(天正18)年以降
主な建造物・史跡:ちおん舎(西村家)

Community Store TO SEE

写真は1階奥のセレクトショップスペース。アイスカフェオレ(594円)

オーナーで写真家の中島光行氏が運営する、1階はコーヒースタンド兼セレクトショップ、2階がギャラリーの複合ストア。店内のセレクトや空間づくりは、いつ訪れても出会いと感性の刺激あり。

Community Store TO SEE
住所:京都市中京区衣棚通竹屋町上ル玉植町244
Tel:075-211-7200
営業時間:11:00~19:00
定休日:火曜・不定休

2019年10月号 特集「京都 令和の古都を上ル下ル」

京都のオススメ記事

近畿エリアのオススメ記事

メールマガジン購読