FOOD

「竹屋町通」御所御用の職人が暮らした場所
京都御所周辺完全攻略

2019.10.9
「竹屋町通」御所御用の職人が暮らした場所<br>京都御所周辺完全攻略

旧大内裏の郁芳門に通じる大通り・大炊御門大路(おおいのみかどおおじ)にあたる。秀吉の「天正の地割」で再生された通りには江戸時代、古道具、刃物、宮大工、魚屋など、御所や二条城の御用を務める職人が住んでいたそう。堀川近辺に竹細工を扱う竹屋が多かったのが通り名の由来。昭和に入ってから、堀川以西にも延伸された。

全長:約2.5㎞ 東は土手町通から西は千本通まで
開通:平安京の大炊御門大路(寺町通~大宮通間)にあたる
主な建造物・史跡:行願寺(革堂)、二条城

しののめ寺町

しののめとは創業者が文楽好きで「三十三間堂棟由来」の一節から名付けられた。北区にある同屋号の独立店がここ寺町に。保存料を一切使わず、その日に炊いた分だけを売る自然派志向な一品。

しののめ寺町
住所:京都市中京区寺町通夷川上ル西側久遠院前町669-3
Tel:075-255-7008
営業時間:10:00~18:00
定休日:水曜、第2・第4木曜
 《京都御所周辺完全攻略》
1|河原町から目ぬき通りへ「河原町通」
2|洛中一の寺院街から商業の道へ「寺町通」
3|御所参内のために秀吉が新設「御幸町通」
4|平安京ではこの道が〝富小路〟「麩屋町通」
5|名付けの由来に謎が残る通り「富小路通」
6|邸宅街から商業地への変遷の道「高倉通」
7|車関連の業者が軒を連ねた道「車屋町通」
8|一方通行規制はこの通りから「東洞院通」
9|ここは〝町〟と〝野〟の境目だった「堺町通」
10|2本の通りの間にできた道「間之町通」
11|金座・銀座が置かれた金融通り「両替町通」
12|商工業の中心地として発展「室町通」
13|戦国時代は馬が駆ける道だった「柳馬場通」
14|市電開通で拡張した経済道路「烏丸通」
15|釜を鋳造した〝釜座〟に由来「釜座通」
16|衣服との深いかかわりから命名「衣棚通」
17|良質の水に恵まれ染色業が発展「西洞院通」
18|茶の湯文化が息づく通り「小川通」
19|主要道路として千年の歴史あり「油小路通」
20|平安時代から続く商業の中心地「新町通」
21|かつて禁裏との境界だった通り「二条通」
22|京の東西を一つにつなぐ大動脈「丸太町通」
23|御所御用の職人が暮らした通り「竹屋町通」
24|新旧ショップが集う家具屋街「夷川通」
25|歴史ある場所からカルチャー発信基地まで「御所北」
26|知る人ぞ知るお店が並ぶ「御所東」
27|御用達の老舗からフランス雑貨まで「御所西」
28|「神宮丸太町駅」界隈で出合う美食
29|「烏丸御池駅」界隈の美食巡り
30|「今出川駅」界隈で出会う名品

2019年10月号 特集「京都 令和の古都を上ル下ル」

京都のオススメ記事

近畿エリアのオススメ記事