ARTS & CRAFTS

「うつわ祥見」が選ぶ注目作家
岩崎龍二

2020.4.10
「うつわ祥見」が選ぶ注目作家<br><b>岩崎龍二</b>

食べるための道具「うつわ」。毎日使うものだからこそ、音楽やファッションと同じ感覚で本当にカッコいいものを選んでほしい。そんな思いから「うつわ祥見」のオーナー・祥見知生さんが、いま最も勢いのあるうつわ作家5名をセレクト。4人目はドラマティックな色とつやで見る者を虜にする岩崎龍二さんを紹介する。

祥見知生(しょうけん・ともお)
北海道生まれ。鎌倉を拠点に、2002年「うつわ祥見」をオープン。’09年「うつわ祥見onari NEAR」、’17年「うつわ祥見KAMAKURA」、’19年「うつわ祥見KAMAKURA concierge」をオープン。展示会企画開催のかたわら執筆にも励む。著書は『うつわを愛する』(河出書房新社)ほか
https://utsuwa-shoken.com
いわさき・りゅうじ
1980年、大阪府生まれ。2000年、大阪美術専門学校卒業。陶芸教室で講師を務めながら、日本伝統工芸近畿展第47回新人奨励賞、大阪工芸展(第52回、54回、59回)などで受賞、神戸ビエンナーレなどで入選。’12年、大阪府富田林市に工房を構える
Instagram/@iwasakiryuji

澄み切ったその色に思わず足が止まる。熟れた果実のようなかたちを手に取って、しっとりと吸いつく器肌に息をのむ。岩崎龍二さんのうつわは、一瞬にして人を虜にする力をもっている。

「そばに置いておくだけで特別な気持ちになれる。ドラマティックなうつわですね」。かく言う祥見さんも例にもれず、岩崎さんのうつわにひと目惚れした一人だ。

「岩崎さんご自身が、まっすぐな目をした美しい方。食後に家族でスイーツを囲む時間が何よりの楽しみだとお話しされている通り、家庭を大事にする誠実な方でもあります。まさに、この作品の澄んだ美しさが彼そのものですね」。

技術を支えているのは約20年にわたって伝統工芸界で活躍してきたキャリアだ。釉薬で描いた環の連なりが溶けて花びらのような文様となる「環流し」を得意とし、受賞も重ねてきた。釉薬の濃淡、表面に残る結晶化した粒子のきらめきなど独特の魅力は、半磁器土に白い釉薬をかけ、その上から酸化銅や酸化クロムをスプレーで吹き付ける手法から生み出される。

「うつわよりもアートを身近に感じてきたような若い世代にとっては、岩崎さんの作品がうつわの世界の扉を開くきっかけになるかもしれませんね」。祥見さんはそう期待を寄せる。

1 環流し(かんながし)8寸鉢
孔雀が羽根を広げたような美しさ。華やかで上品な色合いに魅力があり、テーブルの差し色に使うと気持ちまで晴れやかに
Price:1万6500円
Size:φ240×H45㎜
2 右)アイスグリーン 一輪挿し 左)アイスグリーン花器
岩崎さんの花器には、花を生けずとも花を部屋に招き入れたような効果がある。プレゼントにも喜ばれる美しい作品
Price:8800円/6600円
Size:φ70×H125㎜/φ70×95㎜
3 環流し(かんながし)高足杯
高足のうつわには、日常を特別な時間にしてくれそうな佇まいが感じられる。酒を注いでもデザートを盛っても気分がよい
Price:7150円
Size:φ58×H100㎜
4 右)アイスグリーンマグカップ 左)アイスグリーン湯のみ
洋服のように、うつわにも季節ごとに好みの色を。アイスグリーンはこれからの季節にすがすがしい空気を運んでくれる
Price:3850円/3300円
Size:W100×D70×H75㎜/φ60×H75㎜

作品を購入する
※売切れの場合もございます

文=棚澤明子 写真=大社優子 選・語り=祥見知生

2020年4月号 特集「いまあらためて知りたいニッポンの美」

 《「うつわ祥見」が選ぶ注目作家》
1|小野象平
2|境 道一
3|荒川真吾
4|岩崎龍二
5|小野哲平
作り手と伝え手がうつわを届けたい理由