PRODUCT

「うつわ祥見」が選ぶ注目作家
荒川真吾

2020.4.10
「うつわ祥見」が選ぶ注目作家<br><b>荒川真吾</b>

食べるための道具「うつわ」。毎日使うものだからこそ、音楽やファッションと同じ感覚で本当にカッコいいものを選んでほしい。そんな思いから「うつわ祥見」のオーナー・祥見知生さんが、いま最も勢いのあるうつわ作家5名をセレクト。3人目は内に秘めた情熱でやきものの未来を開いていく荒川真吾さんを紹介する。

祥見知生(しょうけん・ともお)
北海道生まれ。鎌倉を拠点に、2002年「うつわ祥見」をオープン。’09年「うつわ祥見onari NEAR」、’17年「うつわ祥見KAMAKURA」、’19年「うつわ祥見KAMAKURA concierge」をオープン。展示会企画開催のかたわら執筆にも励む。著書は『うつわを愛する』(河出書房新社)ほか
https://utsuwa-shoken.com

荒川真吾(あらかわ・しんご)
1978年、宮崎県生まれ。岡山県備前にて隠崎隆一氏に8年間師事したのち独立し、生まれ故郷の宮崎県に築窯。宮崎の土、自ら配合する釉薬を用いてさまざまな仕事に挑む。自然界のあらゆる要素がからみあった複雑な美しさが魅力

Instagram/@arashin500

故郷・宮崎の土にこだわりながら挑戦する

荒川真吾さんの湯のみをはじめて手にしたときの印象を、祥見さんは忘れられないと言う。

「独立して2年ほど経った頃、私に見てほしいということで、いくつかの作品を持って来てくださいました。はっとしたのは、小さな湯のみ。そのほんの一部分に、目立たないけれどやきものとして非常に複雑で素晴らしい表情が見られたのです。初個展をうちでやってほしい、とすぐにオファーしました。そんなことを頼んだつくり手は、彼がはじめてです」。

力強い野性味、清濁併せ呑む懐の深さ、ときにエキゾチックであり、ときに郷愁を誘う時空を超えたスケール感。そのすべてが、手に取る人を魅了する。陶芸には不向きだとされる故郷・宮崎の土をベースに、自ら配合する釉薬との組み合わせを無数に生み出す情熱には、祥見さんも驚きとともに向き合い続けてきた。

「新宿・歌舞伎町の猥雑な一角で暮らしたり、世界各国を旅したりしながら見聞きしたもの、8年間師事した隠崎隆一さんの生きる姿勢、寝る間も惜しんで読みあさる本、古典からアンダーグラウンドに至るまで興味の赴くままに触れてきた文化、血肉となったすべてがうつわに表れています」

うつわ祥見 荒川真吾

1 灰釉陽刻鉢
常に新たなテーマを見つけ、可能性を切り開こうとしている荒川さんらしい意欲作。浮かび上がる文様に無国籍な魅力が宿る
Price:8250円
Size:φ195×H55㎜
2 印判粉引7寸皿
土、釉薬、焼成方法、すべてを突き詰めた複雑な仕事。あえて掠れさせた印判が、国籍や時代のボーダーを越えた空気感を漂わせる
Price:8250円
Size:φ210×H45㎜
3 粉引唐草文6寸皿
古来、東西にかかわらず世界各国にて吉兆の象徴として愛され、現状に至るまで受け継がれてきた唐草文様が表現されたうつわ
Price:3960円
Size:φ180×H35㎜
4 刷毛目(はけめ)6寸鉢
時代を経て伝わってくるものの中に人間の息吹がある。この刷毛目の力強さからは、しみじみと伝わってくるよさがある
Price:6600円
Size:φ180×H50㎜

うつわ祥見 荒川真吾
白釉輪花浅鉢6寸 4070円

≫作品を購入する
※売切れの場合もございます

うつわ祥見 荒川真吾
白磁陽刻皿4寸 2640円

≫作品を購入する
※売切れの場合もございます

うつわ祥見 荒川真吾
白釉輪花角小皿3.5寸 1980円

≫作品を購入する
※売切れの場合もございます

うつわ祥見 荒川真吾
灰釉陽刻鉢6.3寸 7700円

≫作品を購入する
※売切れの場合もございます


 《「うつわ祥見」が選ぶ注目作家》
1|小野象平
2|境 道一
3|荒川真吾
4|岩崎龍二
5|小野哲平
作り手と伝え手がうつわを届けたい理由


text=Akiko Takazawa photo=Yuko Ookoso select&relling=Tomoo Shoken
2020年4月号 特集「いまあらためて知りたいニッポンの美」


宮崎のオススメ記事

九州エリアのオススメ記事

メールマガジン購読