FOOD

風土菓 桃林堂の「五智果」
福田里香の民芸お菓子巡礼

2021.3.5
風土菓 桃林堂の「五智果」<br><small>福田里香の民芸お菓子巡礼</small>
上段:牛蒡、蓮根、人参。中段:八朔、無花果、洋梨、人参。下段:蕗、金柑、生姜

民芸とお菓子の甘い関係をひも解いていく、お菓子研究家・福田里香さんの《民芸お菓子巡礼》。今回は、福田さんが家族で食べた思い出の味である風土菓 桃林堂の「五智果」を紹介します。

福田里香(ふくだ・りか)
菓子研究家。書籍や雑誌を中心に活躍。9年間にわたり続いている本連載をまとめた書籍『民芸お菓子』が小社より発売中

箱蓋には五智果の版画。五智果小箱1620円

料理研究家の土井善晴先生は、民藝と家庭料理についてたびたび言及されています。2018年NHKは『きょうの料理60周年記念 土井善晴 家庭料理と民藝をめぐる旅』を放映、また別の対談では「家庭料理は、民藝や」という発言もあり、日本民藝協会の機関誌『民藝799号』には「食と民藝のはなし」を寄稿されています。

桃と花、葉を図案化した紙袋

そして土井先生は2020年3月20日、Twitterに「柳宗悦が好んだというお菓子いただきました。大阪桃林堂 天味無限  五智果なるほどと思った。」とツイートされました。その文面を見たとき、何十年かぶりに「中学生のとき、“柳宗悦が評価した菓子”ということで私も五智果を食べた!」と鮮明に思い出したのです。いまは亡き両親は日本民藝協会員で柳宗悦の信奉者でした。両親は何かで五智果の存在を知ったようで、取り寄せたのか……家族でいただきました。当時野菜がお菓子になることに、上品な味わいに驚嘆しました。そしていまも変わらず丁寧に製菓する桃林堂の姿勢にあらためて尊敬の念を深くした次第です。

桃林堂 陌草園店
住所|大阪府八尾市山本町南8-19-1
Tel|072-923-0003
営業時間|9:00〜17:30
定休日|なし

text: Ricca Fukuda photo: Wakana Baba
Discover Japan 2021年3月号「ワーケーションが生き方を変える?地域を変える?」


≫せとうち産のドライフルーツや岡山産の食材を散りばめた贅沢ショコラバー「蒜山ショコラ」

≫話題の白井屋ホテルに、フルーツタルトの専⾨店 「SHIROIYA the PÂTISSERIE」がオープン!

≫福田里香さんに関する記事一覧はこちら

大阪のオススメ記事

近畿エリアのオススメ記事