TRAVEL

子どもたちと本の出合いを大切に
安藤忠雄・最新建築『こども本の森 中之島』

2020.7.27
子どもたちと本の出合いを大切に<br>安藤忠雄・最新建築『こども本の森 中之島』

新型コロナウイルスの影響が続く中、今年誕生した施設や開業間近の施設は多い。今回は大阪中之島にできた建築家・安藤忠雄さんの最新作でもある『こども本の森 中之島』を紹介します。

この図書館は、「豊かな感性を育み、物事をしっかりと考え、世界へ発信していく子供が育ってほしい」という想いを込めて、建築家・安藤忠雄さんが設計、建物を寄贈した文化施設。入口に氏による大きな「青いりんご」のオブジェも展示されている。ディレクションはブックデイレクター・幅允孝さんが担当し、本の種類や配架の方法にも工夫が凝らされ、「自然とあそぼう」、「動物が好きな人へ」など12テーマに編成された本が並び、ジャンルにとらわれない本との出合いが、豊かな創造力を育んでくれる。また、中之島公園内に限り、晴れた日は外での読書も楽しめる。目的が明確なオンライン選書もいいけど、リアルな場の偶然性から広がる好奇心の旅を、子供も大人も体験してみてはいかがだろうか。

こども本の森 中之島
住所|大阪府大阪市北区中之島1-1-28(中之島公園内)
時間|9:30〜17:00
休館日|月曜(祝日の場合は翌日休)、年末年始ほか
入館料|無料
Tel|06-6204-0808
https://kodomohonnomori.osaka

2020年7・8月号 特集「この夏、どこ行く?ニッポンの旅計画108」


≫建築に関する記事はこちら

≫大阪に関する記事をもっと読む

大阪のオススメ記事

近畿エリアのオススメ記事

メールマガジン購読