FOOD

大阪府八尾市 桃林堂の「桃紅李白」
福田里香の民芸お菓子巡礼

2021.4.23
大阪府八尾市 桃林堂の「桃紅李白」<br><small>福田里香の民芸お菓子巡礼</small>

民芸とお菓子の甘い関係をひも解いていく、お菓子研究家・福田里香さんの《民芸お菓子巡礼》。今回は、アートディレクター・岡秀行の名著『包 日本の伝統パッケージ』に収録されている桃林堂の銘菓「桃紅李白」を紹介します。

福田里香(ふくだ・りか)
菓子研究家。書籍や雑誌を中心に活躍。9年間にわたり続いている本連載をまとめた書籍『民芸お菓子』が小社より発売中

各種お祝い事に最適。「桃紅李白」の文字と紅白の市松柄の紙で包装

「桃林堂」の銘菓「桃紅李白」は、落雁の中にこしあんを挟んだ上品な押し菓子です。包みを解くと桃紅李白の焼判を押した杉板に正方形の落雁を紅白の市松模様に配し、目に鮮やか。表面に押された花柄も繊細で美しい。紅色は桃の花、白色は李の花を表しています。これは中国の古い書物『詩格』の一節「桃紅李白薔薇紫 問著春風總不知」から名づけた菓名で“桃は紅く、李は白い、薔薇は紫色 春風にどうして? と問うても知らないとの答え”という意味。なんとも風雅なお菓子。味わいは滋味深く、抹茶や玉露などにも合います。

1995年刊の淡交ムック版より。「桃紅李白」は10日前までに要予約。10組1万800円

「桃紅李白」が、アートディレクター・岡秀行の名著『包 日本の伝統パッケージ』に収録されているのをご存じですか? 本書は包むことに特化した民藝ともいうべき内容。竹や木、藁、和紙などでさまざまな物品を包装している中、食品がかなりの割合を占めていますが、初版は1965年刊と古く、現在は廃絶したパッケージも多い。「桃紅李白」を連載100回記念にご紹介できるとは! 望外な僥倖です。

桃林堂 陌草園店
住所|大阪府八尾市山本町南8-19-1
Tel|072-923-0003
営業時間|9:00〜17:30
定休日|元日

text: Ricca Fukuda photo: Wakana Baba
Discover Japan 2021年5月号「美味しいニッポントラベル」


≫せとうち産のドライフルーツや岡山産の食材を散りばめた贅沢ショコラバー「蒜山ショコラ」

≫トラヤカフェが「トラヤあんスタンド」へリニューアル、人気商品も進化!

≫福田里香さんに関する記事一覧はこちら

大阪のオススメ記事

近畿エリアのオススメ記事