TRAVEL

鹿児島県 妙見温泉「妙見石原荘」
温泉ビューティ研究家・石井宏子さん厳選!

2022.6.22
鹿児島県 妙見温泉「妙見石原荘」 <br><small>温泉ビューティ研究家・石井宏子さん厳選!</small>
貸切風呂「睦実の湯(むつみのゆ)」は、建築家・中村好文氏が設計。秘密基地のような狭い通路を通って、温泉と渓流が見えたときのサプライズ感が満載。湯船がライトアップされる夜は幻想的な雰囲気に

どうせ行くなら、いい湯に浸かりたい。自分にぴったりの温泉はいったいどこに。湯力の助けで元気になるにも、湯の道は多種多彩。活力系、癒し系、いま心惹かれるのはどっち?

湯力を実感できる温泉で、全身にエネルギーを注入したいなら、活力系の温泉へ。ステイホームですっかりなえてしまったやる気のスイッチを入れてくれる温泉だ。今回は、鹿児島県妙見温泉の「妙見石原荘」を紹介。

≪前の記事を読む

シュワシュワはじける炭酸で気分も爽快に

天降川の渓流に突き出した野天風呂「椋の木(むくのき)」は、湯船の中に新鮮な源泉が注がれている

湯面に近いローアングルから温泉を眺めてみてほしい。いくつもの小さな泡が湯の上ではじけるのが見える。温泉に含まれる炭酸ガスのダンスだ。温泉に入った瞬間は、サワサワとした清涼感があり、やがてじんじんと肌が紅潮して血がめぐっていくのがわかる。酸欠ぎみの身体にエネルギーが補給されていくようだ。湯上がりはすっきり爽快、炭酸ガスを含有する温泉の特徴だ。7つの源泉を自噴する圧力で空気に触れない状態で熱交換し、炭酸ガスを保ちながら湯船へ注いでいる。泉質は、ナトリウム・カルシウム・マグネシウム-炭酸水素塩泉。二酸化炭素ガスを500~700mgほど含有し、血行促進して代謝をサポートする。フレッシュな温泉を最大限に味わえるようにと、湯船は源泉のすぐ近くに、1時間ですべてが新しい湯に入れ替わるように設計されている。敷地に点々と存在する温泉はロケーションもデザインも個性的。飲泉所でシュワっとした源泉を味わい、敷地の湯を歩いてめぐる。鹿児島の旬が満載の料理もとても美味しい。素材の旨みをしみじみ感じる味わいを地元の焼酎とぜひ楽しんで。霧島の文化を感じる盛りつけも魅力。

部屋と同じくらい広い半露天風呂の温泉リビングが付いた特別室「瑠璃紫」。ずっと温泉を独り占めしていたい温泉係数高めの滞在にぴったりだ

鹿児島県 妙見温泉「妙見石原荘」
<温泉data>
泉質|ナトリウム・カルシウム・マグネシウム-炭酸水素塩泉
泉温|55.0~56.0℃ 
湯の色|白濁微黄色 
加温|なし 
加水|なし 
かけ流し|〇

<宿data>
住所|鹿児島県霧島市隼人町嘉例川4376
Tel|0995-77-2111
料金|1泊2食付2万5000円~(税・サ込)
IN|15:00(一部客室は14:00) 
OUT|11:00
日帰り入浴営業時間|11:00~15:00(最終受付14:00)
風呂の種類|大浴場内湯男女各1、露天風呂男女各1、客室温泉6
定休日|なし
夕食|懐石料理(食事処または客室) 
朝食|和定食(食事処または客室) 
昼食|なし
Wi-Fi|あり(全館)
おひとりさま利用|可能
アクセス|車/九州自動車道溝辺鹿児島空港ICから約15分 
電車/JR隼人駅からバスで約20分の石原荘前バス停より徒歩すぐ

 

≫公式サイトはこちら

 

text: Hiroko Ishii
Discover Japan 2022年5月号「ニュー・スタイル・ホテルガイド2022」

鹿児島のオススメ記事

関連するテーマの人気記事