TRAVEL

錦江湾(鹿児島湾)をめぐって体感!
大地の力に癒される鹿児島の旅
|中編【温泉】

2021.3.15 PR
錦江湾(鹿児島湾)をめぐって体感!<br> 大地の力に癒される鹿児島の旅<br> <small>|中編【温泉】</small>

雄大な景色、温泉、地元が誇る食など、鹿児島の「地の力」を体感する旅を絶景、温泉、食の3つに分けて案内する本連載。中編では、桜島を望む絶景温泉、地熱をダイレクトに感じる砂むし温泉など、火山大国・鹿児島ならではの温泉体験を紹介します。

≪前の記事を読む

地の力に抱かれる温泉

指宿温泉 砂むし会館「砂楽」
砂の上に仰向けになって“砂かけさん”に砂をかけてもらう。温かな砂の重みが心地よく、全身が脈打つような感じがして、血めぐりがよくなっているのを実感する

火山があるところに温泉あり。世界的に見ても火山活動が盛んな鹿児島は、もちろん温泉王国でもある。県内に約100の温泉地があり、源泉の数は2700カ所以上で全国2位。湧出量は全国3位、温泉を引いた公衆浴場の数も全国2位を誇る。

鹿児島の数ある温泉地の中で火山をより感じられるのは、桜島を望む鹿児島市街地の絶景温泉と、温かな砂に身体を埋める指宿の砂むし温泉だろう。

絶景温泉を代表するのは、「城山ホテル鹿児島」の展望露天温泉。地下1㎞から湧き出る温泉は、カルシウムやマグネシウム、ナトリウムを多く含む炭酸水素塩泉。肌がつるつるになる美人の湯として知られ、湯に浸かるだけで肌の不要な角質や毛穴の汚れを取り除いてくれる。目の前は桜島と城下町の大パノラマだ。

指宿の砂むし温泉は、ジョルジュ・アルバレスの『日本見聞記』にすでに登場する。これは来日前のフランシスコ・ザビエルに宛てた日本に関する報告書で、1500年代半ばのことだ。摺ヶ浜海岸の一帯は、地下深くにたまった90℃ほどの熱水が涌き出ていて、砂浜や砂むし場での砂浴ができる。温かな砂の重みが心地よく、短時間で身体の芯からポカポカに。砂から出ると全身がすっきり軽い。砂浴は、寝る姿勢をとることで血液が心臓に還流しやすく、砂の温度と圧力により血液の循環がよくなり、身体の深い部分の温度が上がるといった効能が医学的に実証されている。デトックス&リフレッシュ効果は一般的な温泉浴の3〜4倍だというから驚きだ。砂浴にもいろいろあるが、天然の地熱を利用した砂むし温泉は、日本で唯一、指宿だけ。この貴重な火山の恩恵をぜひ体験してほしい。

SHIROYAMA HOTEL kagoshima 展望露天温泉「さつま乃湯」
108mの高台から眼下に大パノラマが広がる。桜島の向こうに朝日が昇り、日中は桜島の悠々とした姿を切り取り、夕暮れ時はもちろん、市街地の夜景も美しい

鹿児島ではほかにも、海の温泉、山の温泉、川の温泉、離島の温泉など、県内の至るところで多種多様な温泉が楽しめる。また、島津の殿さまや、西郷隆盛や坂本龍馬など維新の志士らが訪れた歴史ある温泉地もある。多くの旅館で立ち寄り湯ができ、貸し切りの家族風呂や温泉を引いた銭湯、足湯ができるスポットもたくさん。温泉王国の底力を実感する。

鹿児島一の絶景露天風呂

1963年開業の格式ある名宿(旧城山観光ホテル)。桜島を望む絶景スポットとして知られる城山展望台に近く、展望露天温泉「さつま乃湯」では同じ景色を湯船で満喫できる。湯上がりには、桜島を望むラウンジで自家醸造のビールを一杯、というのもおすすめ。食事と温泉がセットになった日帰り温泉プランもある。

SHIROYAMA HOTEL kagoshima 展望露天温泉「さつま乃湯」
住所|鹿児島県鹿児島市新照院町41-1
Tel|0570-07-4680
営業時間|5:30(10月〜3月は6:00)〜24:00、立ち寄り湯可
定休日|全館休業日あり
料金|2680円(税・入湯税込。宿泊客は無料)

デトックス効果満点の天然砂むし温泉

指宿を代表する砂むし温泉のひとつで、雨の日でも楽しめる全天候型砂むし場を完備。浴衣に着替え、海岸で砂に埋まること10〜15分。全身からじっとり汗をかいた後は、館内の温泉に浸かれる。指宿の源泉は、塩味のあるナトリウム塩化物泉。地下の深いところにたまった化石海水とされ、肌になめらかで気持ちがいい。

指宿温泉 砂むし会館「砂楽」
住所|鹿児島県指宿市湯の浜5-25-18
Tel|0993-23-3900
営業時間|8:00〜20:30(平日12:00〜13:00は受付休止)
定休日|なし(7・12月にメンテナンス休館あり)
料金|1100円(浴衣込み)

立ち寄りOK!
錦江湾を望む人気の温泉

さくらじまホテル(有村温泉)

病気やけがの療養に優れ、西郷隆盛も愛した有村温泉。大正の桜島大噴火で埋没するも、近年、同町内の源泉を利用し復活。錦江湾を目前に源泉かけ流しの湯を堪能できる。

住所|鹿児島県鹿児島市古里町1078-64
Tel|099-221-2311
営業時間|6:30〜8:30、16:00〜21:30(立ち寄りは14:00〜18:00。※3日前までに要予約)
定休日|不定休
料金|600円

道の駅たるみず「湯っ足り館」

桜島の近く、大隅半島の玄関口にある道の駅。ダイナミックな景観を誇る足湯は源泉かけ流しで、日本最大級。館内には大浴場や家族湯もあり、ドライブのひと休みに最適。

住所|鹿児島県垂水市牛根麓1038-1
Tel|0994-34-2237
営業時間|13:00〜20:00(足湯は12:00〜17:00)
料金|大浴場350円、家族湯1200円、足湯無料
定休日|水曜(祝日の場合は営業)

鹿児島までのアクセス
東京・羽田〜鹿児島間は、日本航空、全日空、スカイマーク、ソラシドエアが運行。所要時間は約2時間。空港から市内へは空港リムジンバスが便利(鹿児島中央駅まで直行便で38分)

鹿児島県観光サイト「どんどん かごしまの旅」

≪前の記事を読む
≫次の記事を読む

錦江湾(鹿児島湾)をめぐって体感!
大地の力に癒される鹿児島の旅
前編|絶景
中編|温泉
後編|食

text: Yukie Masumoto photo: Atsushi Yamahira
Discover Japan 2021年4月号「テーマでめぐるニッポン」


≫鹿児島を体感できる絶景温泉。「星野リゾート 界 霧島」

≫薩摩切子が歴史と技法を守りつつ魅せる新たな日本の伝統美「grad. ice」

鹿児島のオススメ記事

九州エリアのオススメ記事