FOOD

北海道・ニセコのフレンチレストランKAMIMURAの 「トリュフバター」を自宅で味わう。

2021.3.27
北海道・ニセコのフレンチレストランKAMIMURAの 「トリュフバター」を自宅で味わう。

北海道屈指の⾃然を誇る国際リゾート・ニセコのフレンチレストラン「KAMIMURA(カミムラ)」は、開業当初から愛されてきた“店外不出”の味である「トリュフバター」のオンライン販売を開始。昨今の新型コロナウイルスの影響で「レストランには⾏けないが、記憶に残る“あの味”を⾃宅でも楽しみたい」という要望を受け、販売をスタートすることとなった。

KAMIMURA「トリュフバター」
3つの特徴

1|どんな⾷材とも替えがきかない唯⼀無⼆の⾹りがトリュフの個性。その広がりを余韻まで楽しめるよう、フランス産のフレッシュな⿊トリュフとイタリア産の⿊/⽩トリュフオイルをバランス良く調合している。

2|「パンをおいしく⾷べること」に主眼を置き、⽣乳バターのなめらかな⾷感と新鮮なマッシュルームの旨み。熟成チーズによる発酵の深みと⼒強さ。豊かなコクがトリュフとエレガントに調和させた。

3|トリュフ以外の材料は全て北海道産。⼗勝の⽣乳で作る「よつ葉北海道」の無塩バター、世界的にも希有な好条件で育まれる⼗勝の⾼品質マッシュルーム「とかちマッシュ」、⽩糠町「⽩糠酪恵舎」の硬質チーズ・タンタカを使⽤。

オンライン販売開始の背景

KAMIMURAでトリュフバターと⼀緒にテーブルにサーブする、定番の「ポテトフォカッチャ」(800円) にも「持ち帰りたい」という要望が集まっていることから、同時にオンライン販売を開始。道産⼩⻨「春よこい」 と男爵いもで⽣みだす柔らかな⾷感と、ホクホクした優しい⾹りが特徴。冷凍発送

KAMIMURAは、創業当初からテーブルバターとして「トリュフバター」を提供し、レストランに来訪した国内外のゲストから「持ち帰りたい」と、とても⼈気だったが、ニセコの地の思い出の味になってほしいという考えから、製品化はしていなかった。

しかし、昨年からの新型コロナウイルスの影響で旅⾏者が減少するなか、「レストランには⾏けないが、記憶に残る“あの味”を⾃宅でも楽しみたい」「ギフトにして家族や知⼈にも⾷べさせたい」という声を多く受け、初のオンライン販売を決意。

外出が制限されたなかでも、⾃宅でのパン時間が喜びに満ちるお⼿伝いができれば、そして、ニセコ、ひいては北海道の魅⼒を⾃宅で思い出し、いつかまたこの地に訪れてほしい、という願いが込められている。

「トリュフバター」の⾃宅での⾷べ⽅

お好みのパンやクラッカーにたっぷりと塗っていただく。焼きたてのトーストに塗ると、⽴ちのぼるトリュフの芳醇な⾹りを堪能できる。

他にも、
・スクランブルエッグなど卵料理に加えて
・オムレツやカルボナーラなどクリームソースの仕上げに
・茹でたてのパスタに和えて
・BBQなどのアウトドアシーンでグリル野菜と合わせて
といった多彩な調理シーンで使える。

KAMIMURA トリュフバター
価格|1⽸85g 2500円
賞味期限|製造⽇から2か⽉
保存⽅法|要冷蔵(10℃以下)
※室温に10〜20分程度置き、柔らかくしてからお召し上がりください。
※保存料は⼀切使⽤しておりません。開封後は冷蔵保存で、できるだけお早めにお召し上がりください。

贅沢トマトと魚介のスープ

近海の漁場で採れる季節の魚や甲殻類、貝をシェフが選ぶところから始まり、濃厚な甘み・酸味が特徴のニセコ産「贅沢トマト」、白ワイン、オレガノやバジルといったハーブやスパイス類を加えて丁寧に煮込み、旨みを抽出している。

魚介のコクをしっかり感じさせながら、トマトのフルーティな余韻が加わって口当たりはなめらか。冷えた白ワインとの相性は抜群。ポテトフォカッチャを浸しても美味しい。

価格|2500円
内容量|1パック250g
賞味期限|到着後1週間
保存⽅法|要冷蔵(10℃以下)
※料理の入ったパックを湯煎で温めて完成。
※保存料は一切使用しておりません。開封後は、できるだけお早めにお召し上がりください。

北海道和牛の赤ワイン煮込み
ポテトピューレ添え

たっぷりの道産野菜と道産の仔牛を煮詰めて旨みを凝縮した自家製フォンドボー。そこにレストランを50年以上営む上村シェフの父から受け継いだ和牛の出し汁と北海道の赤ワイン(余市産ツヴァイゲルトレーベ)を加え、水分がなくなるまでじっくりと煮込み、それぞれの食材から出てくる滋味を肉の中に柔らかく閉じこめている。

ピューレに用いたじゃがいもはニセコ「増原農園」産。グレープシードオイルを使って、軽くなめらかな食感を引き出している。仕上げに、イギリスで200年以上の歴史を持つ「マルドン」の海塩を散らして、まろやかな塩味と一緒に味わう。

価格|3000円
内容量|1パック190g
賞味期限|到着後1週間
保存⽅法|要冷蔵(10℃以下)
※料理の入ったパックを湯煎で温めて完成。
※保存料は一切使用しておりません。開封後は、できるだけお早めにお召し上がりください。

オーナーシェフ
上村雄⼀(かみむら・ゆういち)
北海道旭川市⽣まれ。オーストラリア・シドニーで「最も予約の取れないレストラン」として知られる「Tetsuyaʼs」で料理哲学と技術を学んだ後、帰国。札幌市でのレストラン経営を経て、国内外の旅⾏者が集まる国際リゾートであるニセコの地に2007年、フレンチレストラン「KAMIMURA」をオープン。雄⼤な北海道で採れる⼭海の幸を素材としてふんだんに⽤い、和・洋・中のエッセンスを⾃由な発想で取り⼊れた創造性あふれるフレンチメニューで、『ミシュランガイド北海道 2017特別版』で一つ星評価、『ゴ・エ・ミヨ 2021』では2トックを獲得した。世界に誇る北海道の美しい⾃然と、四季折々の豊かな⾷材の魅⼒を⼀⽫⼀⽫に込め、提供を続けている。

まだ行動に制限がかかる中、自宅にいながら、北海道から届く幸せなパン時間を満喫して、次の北海道旅へ想いを馳せてみてはいかがだろうか?

KAMIMURA(カミムラ)
住所|北海道虻⽥郡倶知安町字⼭⽥190-4 四季ニセコ1階
https://www.kamimura-niseko.com/

KAMIMURA at HOME(カミムラ アット ホーム)オンラインストア
Tel|0136-21-2288
E-mail|reservations@kamimura-niseko.com
https://kamimura-100302.square.site/


≫世界が憧れる、ニセコの原生林に佇む日本旅館「坐忘林」

≫アイヌの文化と技を再発見する阿寒湖の旅

≫オール香川で仕込まれた、さぬきオリーブ酵母の日本酒

北海道のオススメ記事