FOOD

全国一の呼び声高い
岡山の「ブドウ」に長野の新品種が対抗!
仁義なきフルーツの戦い

2020.8.25
全国一の呼び声高い<br>岡山の「ブドウ」に長野の新品種が対抗!<br><small>仁義なきフルーツの戦い</small>

ジューシーな果物が恋しい夏。しかし同じ果物でも、産地や品種により味わいは千差万別。それぞれの個性を知り、マイナンバーワンを見極めましょう。今回取り上げるのはブドウです。

ブドウは質と多彩さで岡山に勝るものなし!

生食ブドウのクオリティの高さで全国一の呼び声が高いのが岡山県。明治から続く伝統産地で栽培技術の高さに定評があり、岡山でしかつくれない数品種含め種類も多彩。長野県など他地域も新品種を開発して対抗している。

岡山県白ブドウ代表 マスカット・オブ・アレキサンドリア

人呼んで果実の女王。岡山県の「マスカット・オブ・アレキサンドリア」

高貴な味と香りで女王の座に君臨
岡山で最も長く栽培され、全国生産量の99%以上が岡山産。翡翠色の粒、ムスクのような高貴な香り、上品な甘み、ぷるんとした食感。果物の女王と呼ばれるのも納得の味わい。

HISTORY
新宿生まれ、岡山育ち
原産はエジプト。日本では明治時代に新宿御苑(当時の農業試験場)で導入された。岡山で独自に栽培の技術を高め、県を代表する果物に育て上げた

種あり/皮食不可

マスカット・オブ・アレキサンドリア
産地|岡山県倉敷市
価格|1万2000円〜(参考価格)
収穫時期|5月〜11月
食べ頃|収穫後すぐ〜数日以内
高さ| 160㎜(撮影時)
重さ|813g(撮影時)
問合せ|岡山果物カタログ
www.hyouryuu.co.jp

岡山県皮ごと&種ナシ代表 シャインマスカット「晴王」

いくつでもNOストレス。岡山県の「シャインマスカット『晴王』」

人気品種を伝統技術で磨きあげて
2006年登録の新品種ながら、皮ごと&種なしの食べやすさと甘さで大人気。全国で栽培が盛んで、南から北へリレーのように旬が移る。岡山産は「晴王」として独自にブランド化。

HISTORY
交配でいいとこどり
「マスカット・オブ・アレキサンドリア」と高糖度の「スチューベン」を交配した「安芸津21号」に大粒の「白南」を交配。各ブドウの長所を集めた。

種なし/皮食可

シャインマスカット「晴王」
産地|岡山県
価格|2万円〜(参考価格)
収穫時期|7月〜10月
食べ頃|収穫後すぐ〜数日以内
高さ|170㎜(撮影時)
重さ| 803g(撮影時)
問合せ|岡山果物カタログ
www.hyouryuu.co.jp

岡山県黒ブドウ代表 オーロラブラック

王国期待の大粒新人。岡山県の「オーロラブラック」

皮ごとでもOK! 食べ応え抜群の大粒
岡山のみで栽培される品種。ピオーネのように大粒で甘みが強く、種もないため次世代の黒ブドウ品種として期待される。皮は基本むいて食べるが、薄いので皮ごとでも美味。

HISTORY
岡山県独自の次世代ブドウ
岡山県農業試験場がオーロラレッドの自然交配から育てた新品種で、2003年に品種登録された。日持ちがよいため輸出にも向き、海外市場でも人気。

種なし/皮食不可

オーロラブラック
産地|岡山県
価格|4000円〜
収穫時期|5月〜10月
食べ頃|収穫後すぐ〜数日以内
高さ|180㎜(撮影時)
重さ|921g(撮影時)
問合せ|岡山果物カタログ
www.hyouryuu.co.jp

長野県代表 ナガノパープル

長野ブドウの先駆者。長野県の「ナガノパープル」

岡山県に負けじと出てきたのは、長野県や山梨県で開発される「大粒」、「種なし」、「皮ごと」の人気要素を備えた新品種!

皮食人気の波に乗る新生児
皮ごと食べられるブドウの流行に乗り注目されている品種。大粒で種がなく食べやすい黒ブドウで、甘みは濃厚。ひと房で赤ワイン1本分のポリフェノールがとれるのもウリ。

HISTORY
長野県のオリジナル品種
須坂市の長野県果樹試験場で、「巨峰」と「リザマート」を交配し生育された。品種登録は2004年で、須坂市や中野市を中心に生産されている。

種なし/皮食可

ナガノパープル
産地|長野県須坂市
価格|3000円〜
収穫時期|9月〜10月
食べ頃|収穫後すぐ〜数日以内
高さ|160㎜(撮影時)
重さ|638g(撮影時)
問合せ|小布施屋
www.obuse-ya.jp

<監修・問い合わせ>
新宿高野本店
フルーツギフトフロア
住所|東京都新宿区新宿3-26-11 地下1F
Tel|03-5368-5149
営業時間|10:00〜20:00
定休日|不定休
注文方法|Tel、ウェブ(注文確定後約5〜7日先の発送)
https://takano-online.jp/

edit&text=Miyo Yoshinaga photo=YUKO CHIBA
2020年9号 特集「この夏、毎日お取り寄せ。」


≪前の記事

《仁義なきフルーツの戦い》
1|「桃」といえば赤、白、どちらがお好き?
2|バリエーション豊富なご当地ブランド「スイカ」は百花繚乱
3|全国一の呼び声高い岡山の「ブドウ」に長野の新品種が対抗!

≫お取り寄せに関する記事一覧はこちら

RECOMMEND

READ MORE

メールマガジン購読