【後編】東京駅から40分で行けるリゾート!
「SORANO HOTEL」でステイケーション。
今年のバカンスはリゾートステイが正解

2020.9.17 PR
【後編】東京駅から40分で行けるリゾート!<br>「SORANO HOTEL」でステイケーション。<br><small>今年のバカンスはリゾートステイが正解</small>
印象的なロビーは、世界的に活躍中のフランス人デザイナー、グエナエル・ニコラ氏の作品。テントをイメージした天井に注目

東京・立川に誕生した「SORANO HOTEL」。「空と大地と人がつながる」と掲げ“SORA”を名に冠し、“ウェルビーイング(Well Being)”という健やかな生き方を発信。都内とは思えない大空に包まれたアーバンリゾートをご紹介します。

≪前編を読む

"ウェルビーイング"を実現するサービス

ホテルのコンセプトであるウェルビーイングの核となる重要な施設が、館内10〜11階につくられた「SORANO SPA」である。温浴施設のインドアスパ、ジャクジー、ナノミストサウナ、ジムスタジオを備え、ルーフトップには、誰もが感嘆の声を上げるインフィニティプールがつくられた。快適なこのプールからは遠く山並みが望め、好天ならば富士山までも遠望できる。

SORANO SPAのマネージャーであり、健康科学が専門の福原弘太郎氏はスパについてこう述べる。「スパ内には、理学療法士、作業療法士、アスレティックトレーナー、ヨガインストラクターなど各分野のプロフェッショナルが揃っています。目指すのは、誰もが心も身体も元気いっぱいになれるプログラムの提供」と。ホテルでは、スパに限らず、すべてがウェルビーイングに集約されている。

当然ながら、ウェルビーイングのコンセプトは食事にも共通している。料理長は、厳選された食材を「適地適作」として考え、アラカルトで自由に選べるよう考案。自由な発想でつくる新ジャンルのジャパニーズ・クロスオーバーフードスタイルだという。特に朝食は日本の伝統に基づいて、小さなポーションが6種並ぶ御膳を「晴れ(ハレ)の朝食」とし、他方、一汁三菜のシンプルな健康食を「褻(ケ)の朝食」として提供している。また、健康の基本は「美味しい“水”にある」として、客室に用意されている天然水(超軟水)「富士の湧水」が料理にも使われている。

SORANO HOTELならではの体験

好環境、身体のバランスを整える、ヘルシーで美味しい食事、快眠、アクティビティ……。ここではすべてがかないます!

①アロマで癒される
客室での施術が基本のトリートメントは疲労回復や美容など多様。手技の確かなセラピストがカスタムメイド。

②絶景エクササイズ
晴れた朝のプールサイドはヨガレッスンに最適。水中トレーニングは、自慢のプールで行ういち押しプログラム。

③身体の状態をカウンセリング
ジムで受けられる「コンディショニングプログラム」では徹底したカウンセリングを受けられる。

④ゲストラウンジは2カ所
ラウンジはロビー階のIMA LOUNGE、インフィニティプール利用者専用のINFINITY LOUN
GEの2カ所。

⑤レストランには生簀も
レストラン内には幅150㎝の2段の活魚槽がある。上段は淡水魚、下段は海水魚の活魚槽を設置し鮮魚を提供。

⑥歯ブラシもエコに配慮
歯ブラシはゲストに持参してもらうスタイル。有料になるが環境にも身体にも優しい竹製を用意(有料)。

⑦長期滞在にうれしいカトラリー
カトラリーがあるので、近隣で総菜を買ってきてもいい。スイートには電子レンジも設置され長期滞在に配慮。

⑧客室には富士の銘水を用意
客室内もレストランも、水は超軟水の天然水「富士の湧水」を使用しており、お茶もコーヒーも美味しい。

⑨奥多摩のショートトリップも
数日滞在するなら宿を基点に出掛けるのもいい。小澤酒造の酒蔵見学や藍染体験、高尾山登山などがおすすめ。

アラカルトメニューを自由に選択!

「DAICHINO RESTAURANT」では、自由な発想で創る「和食」ベースのジャパニーズ・クロスオーバーフードが新しい。

食事の最初に、まず鰹と昆布で取った一番出汁が振る舞われる。身体を温めて整えることで料理をより美味しくとの心遣い
水蛸とエスニック味のカルパチョ。オリーブ、トマト、黄パプリカ、香草のサラダにライム入り魚醤を添えて。1800円
「大地のサラダ」。適地適作の新鮮野菜を30種以上を使う。コクがある醤油でマリネした黒オリーブのパウダーを添えて。2800円
和牛サーロインの燻製ロースト。藁を燻して燻製にした肉は甘辛のタレでロースト。和辛子と季節の野菜を添えて。4000円

朝食は“ハレ”と“ケ”どっち?

ハレ(晴れ)とケ(褻)という日本の伝統的世界を朝食で表現。

 

日常(ケ)はシンプルな一汁三菜。1800円
ハレの朝食は特別な日のごちそうとして華やかな内容。2800円

都心から近い場所に生まれたウェルビーイングの別天地は、空と大地と人がつながるアーバンリゾートとしていまも進化の過程にある。リモートワークの場としても、週末の気分転換にも、ハイダウェイのような選択肢ではないだろうか。

≪前編を読む

SORANO HOTEL
住所|東京都立川市緑町3-1 W1
Tel|042-540-7776(宿泊予約専用9:00〜19:00)
Fax|042-540-7851
客室数|81室
料金|開業記念プラン1泊1室3万9480円〜(税別)
カード|AMEX、DINERS、JCB、VISAなど
IN|15:00
OUT|12:00
夕食・朝食|ジャパニーズクロスオーバーフード(レストラン)
アクセス|車/中央自動車道国立府中ICから約30分 電車/JR立川駅北口から徒歩8分
施設|レストラン、ルーフトップバー、インフィニティプール、ジム
https://soranohotel.com

せきねきょうこ
ホテルジャーナリスト。1994年から現職。世界のホテルや旅館の「環境問題、癒し、もてなし」を主題に現場取材を貫く。雑誌、新聞、ウェブを中心に連載多数。ホテルのアドバイザー、コンサルタントも。著書多数。
www.kyokosekine.com

text: Kyoko Sekine photo: Hiroshi Abe
2020年10月号「新しい日本の旅スタイル」


≫伊勢志摩で心身を解放!仕事がはかどるリゾートステイ「NEMU RESORT」

≫1300有余年の歴史。たゆたう近江屈指の古刹にステイ

東京のオススメ記事

関東エリアのオススメ記事

メールマガジン購読