HOTEL

あの名ホテルはいかに進化したのか?
The Okura Tokyo

2020.2.17
あの名ホテルはいかに進化したのか?<br><b>The Okura Tokyo</b>
生まれ変わった「オークラ プレステージタワー」のロビー。ディテールは最新鋭の技術によってさまざまに手が加えられているが、一目みただけではわからないほどの変化。「明るくなったくらい?」との声も

日本中が見守ったホテルオークラ東京の本館建替えには、温もりあふれる伝統の“ロビー”を残してほしいと願うファンの声が大きな渦となって舞った。そして「令和」を迎え、復元された「The Okura Tokyo」のロビーを見た感動は……。違いがわからないほどの忠実な再現に絶賛の声が響いた。

日本を代表するホテルは
伝統を生かし、新たな展開を見せる

迎賓館の役目を担う「オークラ ヘリテージ」
日本の美意識を生かしたヘリテージウイング。「ヘリテージルーム」(60㎡、ワイドリビング)は8mの間口、3mの天井高の広々とした空間で、静謐で高級感あふれる。バスルームには全室スチームサウナが付く。室内には「玉手箱」が置かれ、中には扇子、巾着、折り紙、紙風船など日本的なギフトが入る

1962年に本館を開業した日本を代表するホテル「ホテルオークラ東京」。その開業は、折しも初の「東京オリンピック」開催(1964年)直前であった。

そして、新元号の“令和”として新たな時代を歩みはじめたいま、「The Okura Tokyo」と名を変え、2019年9月12日に再開業を迎えた。くしくも再び東京オリンピック・パラリンピックのタイミングと重なった。

「建替えはオリンピックが決まる前に決定したことで、本当に偶然なんです」と、広報責任者。偶然ではなく奇跡的だが必然なのかもしれない。

国際都市東京のニーズにこたえる「オークラ プレステージ」
28階〜33階の「プレステージルーム」、34階〜36階「プレステージルームアッパーフロア」、37階〜40階には終日クラブラウンジが利用可能な「クラブルーム」が。写真は広々としたロイヤルスイート(201㎡)。アクセシブルルーム(ハンディキャップルーム)の用意もある

新たなホテルは、地上17階建ての「オークラ ヘリテージウイング」(客室140室)と、地上41階建ての「オークラ プレステージタワー」(客室368室)という2棟で構成されている。

オークラグループ最高峰のラグジュアリーブランドとして、日本の迎賓館的な役割を果たすという「オークラ ヘリテージ」。自国の文化や歴史的遺産、意匠を継承し、プライベートで静謐な空間が演出されている。

一方、ヘリテージとは差別化を図った「オークラ プレステージ」は、コンテンポラリーなラグジュアリーブランドとしての展開である。プレステージブランドはすでに台北とバンコクに展開され、東京では、都会の洗練さに上質なマテリアル、そこに和の魅力がアクセントとして加わった。

世界の要人を受け入れる役割も担うスイート
ヘリテージウイング140室のうち7室が、そしてプレステージタワー368室のうち10室がスイート。とりわけプレステージタワー内インペリアルスイート(730㎡)は、各国政府要人、王室関係者などもてなしの迎賓館として機能

総支配人の梅原真次氏に話を聞いた。「今回の建替えをするにあたり、最初から変える部分、変えない部分、変えてはいけない部分がありました。資材が見つからず、建築技術にも苦労はしましたが、ロビーや宴会場は同じ印象になるように再現しています。

細かく言えば見えないところでもいろいろ変わっているのですが、大きく変わったのは、客室、レストランです」。そして、たとえば昔の陶板壁面装飾を再利用するなど、いまでは再現できないような貴重な芸術的意匠を、随所に残していると語る。

伝統の名店も進化して登場

「ヌーヴェル・エポック」はヘリテージウイング5階。白を基調にした明るくエレガントな店内

今回の再開業において、重要なコンセプトに「伝統と革新」を掲げた。ホテル内7つの料飲施設にもその哲学が生かされている。意匠はもちろん、料理にも基本を変えず未来へと向かう斬新さが見える。

特にフランス料理「ヌーヴェル・エポック」は内装も含め変化した。日本の食材や発酵食品なども取り入れ「ヘルシー&ガストロノミーという芸術性を追求」と料理長は言う。そして各レストランやバーにも、歴史の分だけファンがいる。まるで“我が店”のように通う上顧客たちだ。

もみの木で燻製した北海道のエゾ鹿(3歳牝)をドライエイジングしロティ。ソースは鹿のジュ。北海道産山ワサビ、栗、チャツネ添え

人気の「鉄板焼 さざんか」には、開業を待ち望んだお客が通い、予約も取り難い。日本の高級食材をダイナミックに使い、味つけやソースは繊細という、“鉄板焼を超えた鉄板焼”ともいえる技が光る。カウンター越しに交わす焼き手との会話も弾み顧客満足度が高い。

こうしてホテル全体を遠目に俯瞰すると、オークラが培った伝統やサービスマインドの原型はいまも礎として残っている。

東京を一望できる「鉄板焼 さざんか」
プレステージタワー41階にあるレストラン鉄板焼 さざんか。東京の中心をぐるりと見渡せる眺望が素晴らしい。個室が5室、席数120席。和牛を中心にコースが組み立てられる。最高品質の神戸牛のほか、日本各地のブランド牛も。ワインも豊富に揃う

総支配人の梅原氏は言う。「もてなしは、紙一重でもいいからどこよりも上を行くように。それがオークラの魂」と。日本文化の発信地でありたいと願う、本来のオークラスピリットはこうしていまも健在である。

世界が認めるラグジュアリーな施設が揃う

 

 

 

快適なクラブラウンジ
プレステージタワー37階のクラブラウンジ。ヘリテージ、及びクラブフロア宿泊者が利用可能。
フィットネス&スパも完備
プレステージタワー27階「Okura Fitness & Spa」には、ジム、屋内プール、クラブサロン、そして日本初上陸のスパブランド「ANNAYAKE」がトータルに癒してくれる

オークラファン必見! 受け継がれる意匠

 

オークラ・ランターン
切子玉形をつなげたランターン。表面の金糸細工が光の加減で昼と夜の趣を一変させる
四弁花
人間国宝・富本憲吉氏デザインの四弁花模様。四弁花を立体的に表現する膨らし加工

 

The Okura Tokyo
住所:東京都港区虎ノ門2-10-4
Tel:03-3582-0111
客室数:508室
料金:1室オークラ ヘリテージ11万円〜、オークラ プレステージ7万7000円〜(税別・サ込)
カード:AMEX、Diners、DC、JCB、VISAなど
IN:15:00 OUT:12:00
夕食:各レストラン 朝食:各レストラン
アクセス:車/首都高速道路霞が関ランプから約5分 電車/東京メトロ神谷町駅から徒歩6分
施設:オールデイダイニング、フランス料理、日本料理、中国料理、鉄板焼、メインバー、バーラウンジ、フィットネス&スパ、宴会場
https://theokuratokyo.jp

文=せきねきょうこ 写真=若原瑞昌

2020年2月号 特集「世界に愛されるニッポンのホテル&名旅館」


≫名ホテルに関する記事をもっと読む

≫首都圏から気軽に行ける編集部が忘れられない宿

東京のオススメ記事

関東エリアのオススメ記事

メールマガジン購読