HOTEL

「SHIROIYA HOTEL | しろいやホテル」
前橋の魅力を伝える、新星アートホテル現る。

2020.12.12
「SHIROIYA HOTEL | しろいやホテル」<br>前橋の魅力を伝える、新星アートホテル現る。
コンクリート構造の吹き抜けが特徴のヘリテージタワー内、1階のオールデイダイニング兼ラウンジ
photo: Katsumasa Tanaka

江戸時代から続く約300年の歴史をもちながらも2008年に廃業してしまった、群馬県前橋の老舗旅館・白井屋旅館。その旅館が12月12日(土)、新たなアートホテル「SHIROIYA HOTEL/白井屋ホテル(しろいやホテル)」として生まれ変わる。設計は日本を代表する建築家・藤本壮介氏。全25室のうち特筆すべきはヘリテージタワーにある、4つのスペシャルルーム。ジャスパー・モリソン氏、ミケーレ・デ・ルッキ氏、レアンドロ・エルリッヒ氏、藤本壮介氏それぞれが内装設計を手掛けた世界にひとつだけの客室で、独自の空間、素材へのこだわり、ディテールが楽しめる。


旧河川の地形を生かし「土手」を模したグリーンタワーの外観 photo: Shinya Kigure

「前橋のまちなかを活性化したい」その思いに建築家 藤本壮介をはじめ、国内外のクリエイターが集結。かつて絹産業でイノベーションを興し日本近代化の先駆けとなった前橋において、300年以上もの歴史を誇っていた白井屋旅館が幕を閉じたその跡地に、暮らす人と訪れる人が集い、交流するリビングルームのような、新たなアートと食文化の発信の場(デスティネーション)が生まる。

2016年8月に前橋市が官民一体となってビジョン「めぶく。」を発表したのを契機に、かつて衰退していた中心市街地「まちなか」では少しずつ魅力的なお店やコミュニティスペースなどが誕生し、中核地方都市の活性化モデルとして「前橋モデル」が注目を集めている。「白井屋ホテル」はその「まちなか」の中心に位置し、訪れる人の想像力を刺激する場「アートデスティネーション」として誕生した。

全体設計を手掛けたのは建築家の藤本壮介。旧白井屋の建物を大胆にリノベーションしたヘリテージタワーと、利根川の旧河川の土手をイメージして新築されたグリーンタワーの2棟から構成されている。またレアンドロ・エルリッヒによるインスタレーションをはじめ、敷地内・各客室には建築に呼応するように、様々なアート作品が展示されている。

「the RESTAURANT」の料理

食においては、ミシュラン2つ星「フロリレージュ」の川手寛康シェフの監修のもと、上州の食文化と食材を活かしたメインダイニング「the RESTAURANT」から、気軽に利用できるオールデイダイニングの「the LOUNGE」まで、驚きに満ちた様々な食体験を楽しめる。また、大自然や温泉を楽しめる赤城山や榛名山へも車で30分から1時間程度のアクセス。

「白井屋ホテル」からはじまるアート・建築・デザイン・食・まち・自然の体験の数々は、訪れる人の想像力を刺激する。

《こちらも合わせて!》
≫豪華クリエイターが手掛けたアートホテル「白井屋ホテル」のお部屋を公開!

SHIROIYA HOTEL/白井屋ホテル(しろいやホテル)
住所|群馬県前橋市本町2-2-15
Tel|027-231-4618
料金|料金|1室2名利用 1泊1名:1万8150円〜(税・サ別)
www.shiroiya.com


≫前橋に一体何が起きている?仕掛け人ジンズ代表田中仁さんに直接伺いました!

≫アート・建築好き必見!那須のリゾート『アートビオトープ那須』

≫フランクロイドライトと隈研吾の愛弟子が手掛けた名建築で別荘ステイ『加地邸』

群馬のオススメ記事

関連するテーマの人気記事