FOOD

「ヴィラ・デラ・パーチェ」
能登半島の風景と一体化する七尾のイタリアンオーベルジュ【後編】

2021.5.10
「ヴィラ・デラ・パーチェ」<br>能登半島の風景と一体化する七尾のイタリアンオーベルジュ【後編】

都市を離れ、生産現場に近いローカルへと向かう料理人に出会った。土地の風土や文化を感じられるひと皿にこそ、地域の在り方が上手に表現されているのです。今回は、能登半島および、オーベルジュ「パーチェ」の魅力を全6記事にてご紹介。まずは、パーチェ自慢のイタリアンを前後編記事でお楽しみください。

≪前の記事を読む

能登×イタリア
リズムあふれるコースを堪能

6,ラザーニャ 天然茸 七面鳥

七面鳥のレバーやハツなど内臓を余すことなく使用したラグーのソースをラザーニャに。香茸の香りが上品な味わいに。

Data
うつわ|
独歩炎
食材|門前産七面鳥、香茸など
ペアリング|ヴェッキオ・サンペーリ(マルコ・デ・バルトリ)

7,畑

生、塩漬け、ボイル、発酵させるなどした野菜をひと皿に。自家製パウダーとユズ味噌と胡桃のペーストを添えて。

Data
うつわ|
松本かおる
食材|スティックセニョール、中島菜など(高農園)
ペアリング|純米酒 寧音(白藤酒造店)

8,ズッパ・ディ・ペッシェ

イタリアの魚介スープ。本日はヤナギバチメの肝と卵が決め手。さまざまな出汁による味の奥行きがすごい!

Data
うつわ|
篠原 敬
食材|クロソイ、ヤナギバチメ(日の出大敷)など
ペアリング|ケッカレッロ 2015(マーニ・ディ・ルーナ)

9,七面鳥

古代米のピラフと藁焼きした七面鳥を伝統野菜・唐川菜のマスタードソースで。藁の香りで能登の営みを表現。

Data
うつわ|
赤木明登
食材|門前産七面鳥、唐川菜など
ペアリング|ヴィーノ・ノービレ・ディ・モンテプルチアーノ・リゼルヴァ2014(ファネッティ)

10,地卵 能登ミルク

懐かしさを感じるカスタードプリンに柑橘オイルを垂らして爽やかな口当たりに。うつわとプリンが透き通る!

Data
うつわ|
kota glass
食材|能登ミルク、黒翡翠鶏有精卵など
ペアリング|奥能登の白菊 貴醸酒(白藤酒造店)

11,ふきのとう

ふきのとうをなんとティラミスに仕立てる斬新さ。イタリアンに能登の風が吹く。3年熟成の味噌でコクを出す。

Data
うつわ|
kota glass
食材|蕗、クルミなど
ペアリング|ラ・ソルプレーザ2009(パーチナ)

12,焼き菓子

左から蕎麦粉のクッキー、ショウガとレモンのゼリー、酒粕ボール。酒粕も地元、御祖(みおや)酒造のもので。

Data
うつわ|
流木
食材|羽咋市神子原産蕎麦粉、能登産レモンなど
ペアリング|自家焙煎珈琲店 神音

メニューも能登産和紙で!

メニューに加えて、生産者、うつわ作家、空間を手がけたデザイナーを紹介。平田シェフの料理には雄一人と欠かすことができないキーパーソン。

≫パーチェの料理は能登半島のつくり手と生み出される

villa della pace
住所|石川県七尾市中島町塩津乙は部26-1
Tel|0767-88-9017
営業時間|ランチ12:00〜、ディナー18:00〜(L.O.19:00)
定休日|水・木曜
料金|コースのみ1万3200円(サ別)
宿泊料金|1泊2食付3万5000円(サ込)
IN|16:00〜18:00 OUT|10:00
テーブル数|2
アクセス|車/のと里山海道徳田大津ICから約7分、電車/のと鉄道笠師保駅から徒歩15分
http://villadellapace-nanao.com

text: Discover Japan photo: Yayoi Arimoto
Discover Japan 2021年5月号「美味しいニッポントラベル」


《villa della pace/石川県・七尾市》
1|能登半島の風景と一体化する料理【前編】
2|能登半島の風景と一体化する料理【後編】
3|パーチェの料理は能登半島のつくり手と生み出される【前編】
4|パーチェの料理は能登半島のつくり手と生み出される【後編】
5|1泊2日、能登の営みを感じる滞在を。
6|能登の里山里海を贅沢に独り占め、七尾湾を眺めながら何もしない時を過ごす。

石川のオススメ記事

関連するテーマの人気記事