TRAVEL

Nordisk Hygge Circles Ugakei|ノルディスク ヒュッゲ サークルズ ウガケイ
三重県いなべ市にSDGsをテーマにした
ヒュッゲを体感するアウトドア施設が誕生

2021.6.24
Nordisk Hygge Circles Ugakei|ノルディスク ヒュッゲ サークルズ ウガケイ<br><small>三重県いなべ市にSDGsをテーマにした<br>ヒュッゲを体感するアウトドア施設が誕生
※画像はイメージ

株式会社ノルディスクジャパンは、三重県いなべ市と、互いの人的資源等を活用し、相互に幅広い連携・協力関係を構築しながら、地方創生の推進、観光促進、関係人口創出、人材育成などに取り組むことを目的とした包括協定を締結。その第1弾として、ノルディスクがプロデュースするアウトドアフィールド「Nordisk Hygge Circles Ugakei(ノルディスク ヒュッゲ サークルズ ウガケイ)」を2021年にいなべ市に開業する。

ノルディスクとは、「Nature is Laxuary」をコンセプトに、100年以上の歴史を誇るデンマーク発のアウトドアブランド。自然の中で過ごす時間はQuality of lifeの向上に繋がると信じ、テントやタープを中心に、アウトドアにおける様々なシーンに必要なギアを展開している。特にRegacyシリーズと呼ばれるナチュラルな質感のコットンテントは、近年のグランピングブームの火付け役と言われているほど、感度の高いキャンパーに人気の商品。

また、「Hygge(ヒュッゲ)」というデンマークの語源で、「豊かな時間の過ごし方や暮らし方、心の持ち方を表し、ほっと癒される心地よい時間と空間や、その体験を通して得られる幸福感」を指す言葉の商標を登録しており、日本におけるHyggeの浸透への旗振り役も担っている。

※画像はイメージ

いなべ市は日本でも有数の豊かな自然と雄大な山々を有している。ノルディスクは2019年にそのいなべ市でのユーザーイベント開催を皮切りにいなべ市の魅力を発信し、交流を深めてきた。

ノルディスクが発信する「Hygge」は、いなべ市が提唱する「GCI -グリーンクリエイティブいなべ」と通ずるものがあるため、両者が協力することで積極的にいなべ市およびHyggeの魅力を発信していくとのこと。

アウトドアフィールドは、ノルディスクといなべ市の共同推進に加え、デンマークを拠点とする建築会社「TREDJE NATUR(サードネイチャー)」と、日本を拠点とするエンジニアリング会社「Structured Environment(ストラクチャード エンバイロメント)」がサステナビリティアドバイザーの「Henrik-Innovation(ヘンリック イノベーション)」に加え、デンマーク大使館と提携の上、官民の隔たりを超えて共創するグローバルプロジェクト。

※画像はイメージ

「宇賀渓の自然でHYGGEを描く」をコンセプトに、いなべ市内の観光資源である豊富な自然を活かし、ノルディスクの得意とするHYGGEの世界観との調和によるかつてないアウトドアフィールドを目指していく。宇賀渓の自然をそのまま満喫することができるキャンプエリアに加え、ノルディスクらしさを詰め込んだ常設テントのプライベートエリア、そして最高級のHYGGEを体感できるコテージなど、それぞれニーズに合わせたキャンプが楽しめる。

また、いなべ市は「SDGs日本モデル」宣言に賛同している。このプロジェクトのデザインチームはサスティナビリティに長けており、アウトドアフィールドにおいても、多くのSDGsゴールが達成できるよう、プロジェクトメンバーが一体となって取り組んでいる。

※画像はイメージ

Nordisk Hygge Circles Ugakei
住所|三重県いなべ市大安町石榑南
https://nordisk.co.jp/

SDGs視点で読み解く、
サステナビリティな三重県

2021年3月現在
解説協力:サステナブル・ラボ株式会社

人間、地球及び繁栄のための行動計画として、持続可能な開発目標として国際的に採択されたSDGs。17の目標のうちゴール7の「エネルギーをみんなにそしてクリーンに」に注目してみると、三重県は「人口1人当たりの電力エネルギー消費量(電力エネルギー消費量/総人口)」が全国で3番目に消費量が少ない自治体です。またゴール12の「つくる責任、つかう責任」に関わる「ごみのリサイクル率」では全国4位!

そんなサステナビリティ面の特徴がある三重県内に位置するいなべ市は、2019年に全国で6番目の「フェアトレードタウン」に認定、2020年には「SDGs未来都市・自治体SDGsモデル事業」に選定され、グリーンインフラ商業施設「にぎわいの森」からカジュアルなSDGs 推進を行うなどの活動をしています。様々なステークホルダーとのパートナーシップが目標達成の鍵となるSDGsですが、三重県いなべ市で行われている取り組みは官民連携されているものが多く、ゴール17の「パートナーシップで目標を達成しよう」についても強く意識されているようですね。

いなべ市はSDGsの達成期限である2030年の「あるべき姿」として、『いなべ市ならではの持続可能で自律的好循環を生み出すカジュアルなスモールビジネスとライフスタイルを確立する』ことを掲げていますが、ノルディスクがプロデュースするアウトドアフィールド「Nordisk Hygge Circles Ugakei(ノルディスク ヒュッゲ サークルズ ウガケイ)」は自然と向き合うアクティビティの場を創り出し、いなべ市が目指す「あるべき姿」に近づく大きなきっかけとなりそうです。

詳しいデータはこちら


≫DRUM TAOによる和太鼓野外鑑賞も!大分 2泊3日で満喫するアウトドア&;温泉ワーケーション。

≫歴史好きならおさえておきたい!桑名の立ち寄りスポット

≫全室が富士山ビューの新客室オープン!グランピング施設「杓子山ゲートウェイキャンプ」

三重のオススメ記事

関連するテーマの人気記事