TRAVEL

一人で“ととのう“日本初のソロサウナ「tune」
完全個室のフィンランド式サウナが神楽坂にオープン

2020.11.27
一人で“ととのう“日本初のソロサウナ「tune」<br><small>完全個室のフィンランド式サウナが神楽坂にオープン</small>

近年のサウナブームをきっかけに、テレビドラマが登場したり、「ととのう」という言葉が一般化するなど、まだまだ熱いファンに支持されているサウナ文化。そんな中、日本初、完全個室の本格的なサウナ施設が12月4日(金)に神楽坂にオープンする。監修は日本最大級のサウナフェス「SAUNA FES JAPAN 2019」のプロデューサーも務めたプロサウナー、サウナ師匠こと秋山大輔氏。通常のサウナ施設は本場フィンランドでも集団で入るサウナが中心だが、着替えからクールダウンまでのすべてが個室で完結。サウナストーンに水をかけ水蒸気を発生させる入浴法、フィンランド式ロウリュも、もちろん好きなタイミングでOK。一人で自由に過ごしたいサウナー必見の、快適空間をぜひお試しあれ。

※「ととのう」とは
サウナと冷水によるクールダウンを繰り返すと、交感神経と副交感神経が共存し神経伝達物質のセロトニンが上昇する「ととのった」状態。

サウナ室
サウナストーブは、本場フィンランドから直輸入したストーブを使用。プライベート空間だからこその、セルフロウリュを楽しる。

ロウリュとは、サウナストーブ内のサウナストーンに、水をかけることにより、水蒸気を発生させ、体の芯から体感温度を上げ、湿度によって発汗作用を促がす行為。この水蒸気のため、通常のサウナにおける乾燥による息苦しさや肌のヒリヒリ感が、解消される。ソロだからこそ、自分の好きなタイミングで、ベストコンディションの温度・湿度のサウナ環境を楽しむことができる。また、ソロサウナtuneではロウリュの水に、白樺の香りがするアロマ水を用意。

サウナ室に設置された横幅2メートル、奥行き60センチのベンチは、通常のパブリックサウナでは体験しづらい、横になったり、ストレッチをしたり、自由な体勢で、自分だけの時間を過ごすことができる。

クールダウン
クールダウンの水は、チラー(冷却機)を完備し、1年中15℃前後を維持。400口径のオーバーヘッドシャワーから大量の大粒の冷水を、シャワーヘッドからはミストの冷水を浴びることができる。

休憩スペース
集中・瞑想がしやすいよう、黒で統一されたプライベート休憩スペース。アームチェアに座ると、ほのかな照明と、幅広のサーキュレーターによる柔らかい風が、身体全体を包み込む。

サウナ後

各種アメニティグッズが揃ったパウダールームの利用が無料。また、併設されたカフェで、クラフトビールやサウナ飯を楽しんだり、仕事をすることも可能。

※予約可能な完全個室
制事前に、お好きな日時を予約していただくことが可能。直接来館された後に、お待ちいただくといったストレスがありません。

ソロサウナtune
住所|東京都新宿区天神町23-1(UNPLAN Kagurazaka 1F)
営業時間|10:00-23:00(水曜日のみ8:00-23:00)
料金|ソロサウナ(1人部屋)60分:通常3800円(税込)→3300円(税込)、グループサウナ(3人部屋)70分:通常11400円(税込)→9900円(税込)オープン記念期間:2020年12月4日(金)~2021年1月31日(日)
問|info@solosauna-tune.com(ソロサウナtune事務局)
www.solosauna-tune.com


≫個性派揃いなサウナが集まる「かるまる池袋」-連載 全国のサウナ- 2021

≫今こそ熱い!一大ブームのサウナを極めたい

≫サウナも楽しめる湖北の宿「旅館 紅鮎」

東京のオススメ記事

関東エリアのオススメ記事