TRAVEL

静岡・伊豆市《おちあいろう》
|サウナを通して地域をまるごと味わう

2022.4.24
静岡・伊豆市《おちあいろう》<br><small>|サウナを通して地域をまるごと味わう</small>

第3次ブームといわれ、ポップカルチャーとして定着したサウナはいま、各地でかつてない多様化と進化を見せている。そこで、ムーブメントを牽引する「ととのえ親方」松尾大さんの監修で、サウナを通して地域をまるごと味わう〝サ旅〟の魅力から、わざわざでも訪れたい全国の外せないサウナ施設まで紹介!

≪前の記事を読む

有形文化財の茶室サウナで、
文人墨客気分!

茶室サウナの下には狩野川の水を使用した水風呂が

伊豆・修善寺の山々と渓流のせせらぎに包まれた「おちあいろう」は、1874年創業の老舗旅館。格調高い建築は国の有形文化財に登録され、島崎藤村や川端康成など名だたる文人墨客が書き物に浸ったことでも知られている。その名宿がリニューアルし、ととのえ親方がサウナをプロデュースした。

天狗サウナの壁一面の檜が心地よい香りを放つ

「躙り口から入る茶室サウナは、温泉の上に建つ水上コテージをイメージ。和モダンの空間で渓流を眺めながら入る風情はここでしか味わえません」

さらに野趣あふれる洞窟風呂「天狗の湯」に誕生した「天狗サウナ」は、サウナ内に温泉が流れ、ほかにはない“温泉水ロウリュ”を味わいに宿泊するサウナーが急増している。

金山の採掘場をモチーフにした異空間が魅力の「天狗の湯」

おちあいろう
住所|静岡県伊豆市湯ケ島1887-1
Tel|0558-85-0014
料金|1泊2食付6万2000円~(オールインクルーシブ)
客室数|14室
IN|15:00
OUT|11:00
サウナ利用可能時間|月の湯&天狗の湯15:00〜24:00、5:00〜11:00(男女入れ替え制)
収容人数|テントサウナ(3名)、天狗の湯(3名)、茶室サウナ(6名)
タイプ|ドライサウナ
温度|80℃
水風呂|8〜19℃(水深40~60㎝)
ロウリュ|セルフロウリュ(天狗サウナは、カルシウム・ナトリウム硫酸塩泉をロウリュ可)
休憩スペース|内湯〇、外気浴〇
その他の設備|内湯、露天風呂、星の湯(貸切50分制)
www.ochiairo.co.jp

text: Ryosuke Fujitani photo: Akio Nakamura
Discover Japan 2022年4月号「身体と心をととのえる春旅へ。」

静岡のオススメ記事

関連するテーマの人気記事