TRAVEL

瀬戸芸と合わせて訪れたい!
現代美術作家・宮永愛子さんが勧める瀬戸内「女木島」トラベルガイド

2019.8.29
瀬戸芸と合わせて訪れたい!</br><b>現代美術作家・宮永愛子さんが勧める瀬戸内「女木島」トラベルガイド</b>

瀬戸内海を舞台に3年に一度開催される日本最大規模のアートイベント「瀬戸内国際芸術祭」。この夏、瀬戸芸を楽しむために、あるいは瀬戸芸とは関係なく、瀬戸内の旅を計画している人も多いはず。Discover Japanでは数ある瀬戸内の島の中から、3つの島に注目。今回は、現代美術作家・宮永愛子さんに教えていただいた「女木島」のおすすめ立ち寄りスポットを紹介する。

女木島(めぎじま)
周囲:7.8㎞
面積:2.62㎢
人口:136人(平成27年)
船便スケジュール:始発8:00(高松)→8:20(女木島)、最終17:20(女木島)→17:40(高松)

瀬戸内国際芸術祭って?

レアンドロ・エルリッヒ『ランドリー』

「海の復権」をテーマに掲げて2010年よりスタートした、今年で4回目を迎える日本最大規模の芸術祭。瀬戸内の島めぐりを通し、この先地球上に人が生きること、展望を持つことを考えていくプロジェクト。春、夏、秋の3回期に分けて行われる。

瀬戸内国際芸術祭2019
期間:夏/7月19日(金)~8月25日(日)、秋/9月28日(土)~11月4日(月) ※春会期はすでに終了
開催場所:瀬戸内海の12の島(直島、豊島、女木島、男木島、小豆島、大島、犬島、沙弥島(春のみ)、本島(秋のみ)、高見島(秋のみ)、粟島(秋のみ)、伊吹島(秋のみ))+高松港周辺、宇野港周辺ベネッセアートサイト直島が直島、豊島、犬島に展開する作品は芸術祭の期間外も鑑賞可能。詳しくはこちら
料金:3シーズンパスポート4800円や、会期限定パスポート4000円のほか個別鑑賞券あり ※パスポート提示で一部作品は鑑賞無料
問:瀬戸内国際芸術祭総合案内所
Tel:087-813-2244
https://setouchi-artfest.jp

「マリンライナー」

瀬戸大橋を渡って岡山から高松へと向かう約1時間の電車旅。島々の上を走り抜け、瀬戸内海をダイナミックに堪能できる。パノラマシートならより美しい海と島々の眺めが目の前に。
問:JR西日本

「めおん号」

高松港から女木島唯一の港、女木港へは赤く、かわいらしい船体の「めおん」号に乗って。2階デッキに出られるので、爽快に風を感じながら海を渡りたい。
問:雌雄島海運

「カモメの駐車場」

女木港の防潮堤と防波堤にずらりと並ぶ300羽のカモメ。風が吹くといっせいに向きを変え、カモメの動きで見えない風を視覚化。

『カモメの駐車場』木村崇人
住所:香川県高松市女木町15-22

「鬼ヶ島大洞窟」

約100年前、男木島の小学校の先生が発見した全長約250m、面積4500㎡の「鬼ヶ島大洞窟」。真夏でも18℃ほどと涼しい。讃岐に派遣された稚武彦命が桃太郎であるという説も。「おにの館 女木島」は、幼稚園児らの遠足場所にもなっている。鬼ヶ島洞窟をはじめ島内の移動はバスがおすすめ。往復800円。

鬼ヶ島大洞窟
料金:600円
Tel:087-840-9055(鬼ヶ島観光協会

「おにの館 女木島」

女木港に併設された「おにの館 女木島」には、鬼ヶ島伝説など女木島の文化や歴史を紹介する資料館が。船やバスの待ち時間に訪れてみるのもいいかもしれない。

おにの館 女木島
住所:香川県高松市女木町15−22
Tel:087-873-0728
http://oninoyakata.strikingly.com

「海宿 鬼旬」

女木島で海鮮を食べたいならここ。地元漁師から主人が直接買い付ける旬の魚でつくる定食が人気だ。瀬戸芸の会期中は売り切れてしまうこともしばしば。夜は要予約でBBQなども楽しめる。

海宿 鬼旬
住所:香川県高松市女木町453
営業時間:ランチ11:00~(20~30食限定)
料金:おまかせランチ1500円、宿泊は1泊2食付8000円(税抜)※素泊まりも可
Tel:087-873-0880
www.facebook.com/pg/umiyadokishun

女木島Tシャツをお土産に!

船の待合場所でもある「おにの館 女木島」で販売されている男木・女木Tシャツ。お土産に一枚いかが?2500円。

優しい名前の一方で、実は鬼ヶ島という別名を持っていた女木島。先端のアートと昭和のデザインが共存する、唯一無二の島は、瀬戸内の旅をよりおもしろくしてくれそうだ。

 

文=森 聖加、編集部 写真=西岡 潔
2019年8月号 特集「120%夏旅。」

《瀬戸芸と合わせて訪れたい!目利きが勧める瀬戸内3島トラベルガイド》
豊島(てしま)
・女木島(めぎじま)
粟島(あわしま)

香川のオススメ記事

四国エリアのオススメ記事

メールマガジン購読