TRAVEL

《ベネッセアートサイト直島》
安藤忠雄と杉本博司の新ギャラリー誕生!

2021.12.20
《ベネッセアートサイト直島》<br><small>安藤忠雄と杉本博司の新ギャラリー誕生!</small>
Hiroshi Sugimoto, Glass Tea House ” Mondrian” , 2014 (c) Sugimoto Studio The work originally created for LE STANZE DEL VETRO, Venice by Pentagram Stiftung  

瀬戸内海の直島、豊島、犬島内での滞在や現代アートが楽しめる「ベネッセアートサイト直島」。その中核であるベネッセハウスの開館30周年となる2022年に、新たに安藤忠雄氏設計の9つ目の建築となる「ヴァレーギャラリー」と、ベネッセハウス パークにある杉本博司氏の作品空間をさらに拡大・整備した「杉本博司ギャラリー 時の回廊」が開館することが発表された。「ヴァレーギャラリー」は、祠をイメージした半屋外建築で、自然との一体感を味わえるように、「杉本博司ギャラリー 時の回廊」は、杉本氏の多様な作品群を継続的に鑑賞できる、世界的にも類を見ないギャラリーを予定している。

山間に建つ新たな安藤建築とランドスケープ
「ヴァレーギャラリー」

撮影:宮脇慎太郎

「ヴァレーギャラリー」は、ベネッセハウスと地中美術館の間にある、李禹煥美術館向かいの山間に位置する。祠をイメージした安藤忠雄設計の半屋外建築と、その周辺の屋外空間一帯を含めたヴァレーギャラリーの整備により、自然の中に点在するベネッセハウスの各棟や美術館施設が繋がり、鑑賞者にエリア全体のランドスケープの体感を促し、海だけでなく、改めて季節ごとに異なる顔を見せる豊かな山の植栽を楽しめる。

建物内外では草間彌生の《ナルシスの庭》が大規模に展示され、2006年より池の横に恒久展示されている小沢剛の《スラグブッダ88 -豊島の産業廃棄物処理後のスラグで作られた88体の仏》も一部改変され、自然・建築・アートの共鳴をより深く体験できる。

ヴァレーギャラリーは李禹煥美術館向かいの山間に位置
撮影:矢野勝偉
撮影:矢野勝偉

プロジェクトは福武總一郎氏らと共に、敷地を確認することから始まった。

そして決まったのが、李禹煥美術館のある倉浦に向かう谷筋の一角、春先にはヤマツツジに覆われる斜面に囲われた美しい場所だ。建物は、地形に応じて30度に開いた台形平面を持つ。コンクリートの壁による二重構造を成す建物は、12mm厚の鉄板屋根で覆われる。鉄板にはシフトや切込みといった幾何学的操作により開口が穿たれており、建物内部に、雨や風、光といった自然の呼吸をそのままに取り入れる。小さくとも結晶のような強度をもつ空間をつくろうと考えた。

杉本博司の世界観を鑑賞・体感できるギャラリー
「杉本博司ギャラリー 時の回廊 」

杉本博司氏のギャラリーのオープンに先行してーには硝子の茶室『聞鳥庵』が展示されている。
※3月のオープンまではベネッセハウスの宿泊者限定で公開
Hiroshi Sugimoto, Glass Tea House “Mondrian”, 2014The work originally created for LE STANZE DEL VETRO, Venice by Pentagram Stiftung
撮影:宮脇慎太郎

「杉本博司ギャラリー 時の回廊」は、ベネッセハウス パークにおける杉本博司作品の展示空間を周辺のラウンジやボードルーム、屋外にまで拡げ、杉本の多様な作品群を継続的かつ本格的に鑑賞できる世界的にもほかに例をみないギャラリー。

ベネッセアートサイト直島の黎明期より様々な形でアート計画に参加してきた杉本の当地との関わりを背景に、既存の《松林図》や《観念の形 003オンデュロイド:平均曲率が0でない定数となる回転面》などに、主要な写真シリーズや、ヴェニス、ヴェルサイユ、京都で展示され人々を魅了してきた硝子の茶室《聞鳥庵》が新たに加わる。

また、ラウンジおよびボードルームは杉本が主宰する新素材研究所のデザインによりカフェも備えている。

ヴァレーギャラリー建築内外には、草間彌生氏の『ナルシスの庭』も展示
Yayoi Kusama, Narcissus Garden, Stainless steel spheres,Installation View at The Glass House(New York), 2016 Copyright of Yayoi Kusama, courtesy of Ota Fine Arts

自然とアートが共存する「ベネッセアートサイト直島」で、非日常を体感してみてはいかが。

ベネッセアートサイト直島 新ギャラリー

ヴァレーギャラリー
開館時期|2022年3月予定
住所|香川県香川郡直島町琴弾地
鑑賞料金|ベネッセハウス ミュージアムの入館料に含む

杉本博司ギャラリー 時の回廊
開館時期|2022年3月予定
住所|香川県香川郡直島町琴弾地(ベネッセハウス パーク内)
鑑賞料金|決まり次第告知
https://benesse-artsite.jp

香川のオススメ記事

関連するテーマの人気記事