HOTEL

DJ編集部が忘れられない宿。
オーベルジュ編

2020.5.2
DJ編集部が忘れられない宿。<br><b>オーベルジュ編</b>

オーベルジュとは、郊外や地方にある宿泊施設を兼ねたレストランのこと。「オーベルジュ編」では各オーナーが腕をふるう美食はもちろん、その地域ならではの雰囲気が味わえる宿を紹介する。

《↓こちらも合わせてご覧ください》
料理自慢の名宿と一流ホテルのお取り寄せ

遠野で味わう感動する発酵料理 とおの屋 要

どぶろく特区である岩手県遠野市で、どぶろく造りを中心に、発酵を極めるオーベルジュです。米づくりから醸造、料理、部屋の空間設計まですべてに行き届く、オーナーの佐々木要太郎さんの美意識が素晴らしいです。どぶろくもさることながら出てくる料理も、自家製生麩を使ったイトウの熟鮓(右)などはじめて出合うものばかりで感動しっぱなし!

住所|岩手県遠野市材木町2-17
電話|0198-62-7557
料金|夕食/ 2万円〜(17:30 〜 22:00)、宿泊/ 1泊2食付2名利用時3万2000円〜(食事利用の場合も要予約)
室数|3室(1日1組、1棟貸しで最大6名宿泊可)

農業や環境 食の未来を見据えたオーベルジュ
オーベルジュ飛騨の森

イタリアとオーストラリアで長年腕を振るってきたオーナーシェフの中安俊之さん。日本で開業するなら、自然が豊かでいい食材があるところ、と飛騨高山で開業。近隣の尊敬する農家から入手した食材を使い、即興的に生み出される料理は、素材の魅力を引き出し、サプライズも秘めています。手づくりパスタ「カチョエペペ」の美味しさは忘れられません。

住所|岐阜県高山市新宮町3349-1
電話|0577-34-6575
料金|1泊2食付1万3000円〜(税別)
室数|7室
施設|ダイニングルーム、テラス、ラウンジ

四季を通じて楽しめる
創作フレンチに脱帽 オーベルジュあかだま

長崎は大島にあるオーベルジュで、なかなかマニアックな立地も実はお気に入り理由のひとつ。といってもやはり最大の魅力はオーナーがつくる大島周辺で捕れた新鮮な魚介と地元野菜を使った創作フレンチです。森に囲まれているので、昼は木漏れ日が美しく、ゆっくり過ごすのにはぴったりの場所ですね。

《↓こちらも合わせてご覧ください》
五島の海の幸を存分に味わえる、ツウをうならせる美食の小宿「オーベルジュあかだま」

住所|長崎県西海市大島町1383-4
電話|0959-34-2003
料金|1泊2食付2万円〜(税別)
室数|4室
施設|レストラン、ライブラリー

text:Discover Japan photo:Sayuri Ono,Kenji Okazaki
2020年2月号 特集「世界に愛されるニッポンのホテル&名旅館」


《DJ編集部が厳選!忘れられない宿》
1|癒される温泉編
2|グルメな旅館編
3|旬の味を愉しむ編
4|オーベルジュ編
5|日本建築・庭園&一棟貸し・古民家編
6|ごほうびスパ編
7|山のリゾート&海のリゾート編
8|おひとりさまでも編
9|首都圏から気軽に編

RECOMMEND

READ MORE

メールマガジン購読