HOTEL

DJ編集部が忘れられない宿。
癒される温泉編②

2020.4.4
DJ編集部が忘れられない宿。<br><b>癒される温泉編②</b>

忙しい日常のなか、ほっと一息つきたいときに思い浮かぶのは、心温まる温泉。「癒される温泉編」では多種多様な温泉が揃う日本各地の温泉地から、編集部がおすすめするとっておきの温泉宿を紹介する。

槍ヶ岳が見えたらラッキー!?
露天風呂の醍醐味が詰まった旅館 槍見の湯 槍見舘

北アルプスに囲まれた奥飛騨温泉郷、新穂高温泉エリアにある旅館です。魅力はなんといっても9種類のお風呂。そのうち7つが露天風呂で、清流「蒲田川」に沿ってつくられていることもあり、山&川&温泉というこれぞ露天風呂! と呼ぶべき開放感満点の温泉が楽しめます。宿名は北アルプスの主峰「槍ヶ岳」を望みながらの湯浴みができることから。私が泊まった日はあいにく天候が悪かったので、リベンジしたいと思ってます!

住所|岐阜県高山市奥飛騨温泉郷神坂
電話|0578-89-2808
料金|1泊2食付1万8850円〜(税込)
室数|15室
施設|エントランスロビー、食事処、貸切露天風呂、混浴露天風呂、大浴場、足湯

肌のツヤに舞い上がった、美容液超えの温泉!
花扇別邸 いいやま

小誌でお世話になっている作家・柏井先生おすすめの宿として、取材・撮影させていただいた宿。賑やかな観光エリアから少し離れていて、ひっそりと、でもどこか品のある佇まいが魅力的。疲れ切った身体に衝撃を与えたのは、ここの温泉。高山市でも珍しく自家源泉を引いているのですが、なめらかさがハンパなくて。とろとろのツルツル。別名「美人の湯」と呼ばれているのも納得です。肌も心も生き返りました。

住所|岐阜県高山市本母町262-2
電話|0577-37-1616
料金|露天風呂付客室1泊2食付3万7950円(税・サ込)
室数|15室
施設|ロビー、中庭、宴会場、小座敷(食事処)、大浴場

棟方志功も常連。魅惑の足元湧出湯 奥津荘

深い湯船の底からぷくぷく温泉が! 自噴しているので、この上なく新鮮な湯が楽しめます。その昔川底から湯が湧き出ていたところに湯船をつくったのだそうで、ごつごつした足元の石が川の名残を感じさせます。飲泉もでき、食事の前に飲めば胃もたれ知らずだそう。名物は牛の骨の回りに付いた肉をけずり(そずり)取った「そずり鍋」。昔から薬食として肉を食べる文化がある地域ならではの郷土料理です。

住所|岡山県苫田郡鏡野町奥津48
電話|0868-52-0021
料金|1泊2食付2万4200円〜(税・サ込、入湯税別)
室数|8室
施設|ロビー、食事処、家族風呂、大浴場

三大美肌の湯
でも魅力はそれだけじゃない 和多屋別荘

「日本三大美肌の湯」に数えられる嬉野温泉。とろとろの湯は肌にやさしく、湯上がりはしっとり。嬉野は温泉のほかに、嬉野茶、肥前吉田焼の産地としても知られており、三者を掛け合わせた新しい観光「ティーツーリズム」を発信中。和多屋別荘はその拠点のひとつで、茶師がバトラーとなっておもてなしをしてくれるプレミアムな宿泊体験「茶泊」ほか、斬新なコンテンツが満載。嬉野の魅力を再発見できる名宿です。

住所|佐賀県嬉野市嬉野町下宿乙738
電話|0954-42-0210
料金|1泊2食付1万6650円〜(税・サ込)
室数|129室
施設|月見台、箱庭、茶室、ショップ、食事処、宴会場・会議室

外に出て楽しんでほしい温泉地!
城崎温泉

城崎温泉のおすすめ宿は、志賀直哉が宿泊した部屋がある「三木屋」と、有形文化財の建築が素晴らしい「西村屋」です。どちらも老舗旅館として伝統があるんだけど、内装を現代的だったり、料理に凝っていたりと、個性豊か。また、城崎温泉で欠かせない外湯めぐりもいい。街全体を楽しんでほしいです。

三木屋
住所|兵庫県豊岡市城崎町湯島487
電話|0796-32-2031
料金|1泊2食付2万6400円〜(税・サ込)
室数|16室
施設|ロビー、ラウンジ、日本庭園、食事処、大浴場、家族風呂

西村屋
住所|兵庫県豊岡市城崎町湯島469
電話|0796-32-2211
料金|1泊2食付3万2000円〜(税別)
室数|34室
施設|ロビーラウンジ、日本庭園、展示室、貸切露天風呂、エステ

text:Discover Japan photo:Atsushi Yamahira,Mizuaki Wakahara,Ko Miyaji
2020年2月号 特集「世界に愛されるニッポンのホテル&名旅館」


《DJ編集部が厳選!忘れられない宿》
1|癒される温泉編
2|グルメな旅館編
3|旬の味を愉しむ編
4|オーベルジュ編
5|日本建築・庭園&一棟貸し・古民家編
6|ごほうびスパ編
7|山のリゾート&海のリゾート編
8|おひとりさまでも編
9|首都圏から気軽に編

RECOMMEND

READ MORE

メールマガジン購読