TRAVEL

瀬戸内3島トラベルガイド – 豊島、女木島、粟島

2019.8.28
<b>瀬戸内3島トラベルガイド</b> – 豊島、女木島、粟島

近畿、中国、四国、九州と陸地に囲まれ、美しい多島美をもつ瀬戸内海。なかでも「瀬戸内国際芸術祭」などをきっかけに、近年注目を集める3島のおすすめ立ち寄りスポットをご紹介!

アートと暮らしが交わる
「豊島(てしま)」

瀬戸芸期間外でも、島に息づくアートを楽しめる豊島。島をめぐることで、その先にある島の暮らしや歴史が見えてくるはず。レンタサイクルや自らの足で島を歩きながら、出会う人との交流を楽しんでみて。

豊島
周囲:18.0㎞
面積:14.5㎢
人口:867人(平成27年)
船便スケジュール:7:41(高松)→8:16(家浦)、17:20(家浦)→17:55(高松) ※土・日曜は18:05(家浦)最終、ほか小豆島、宇野、直島、犬島行きの船あり

≫詳しくはこちら≪

実は鬼ヶ島だった⁉
「女木島(めぎじま)」

女木島という優しい名前をもつ島。しかし島の中央部に「鬼ヶ島大洞窟」という巨大な洞窟があり、その昔、鬼が住んでいたと伝えられていることから、別名「鬼ヶ島」とも呼ばれている。懐かしの歌謡曲「瀬戸の花嫁」もこの女木島が舞台。

女木島(めぎじま)
周囲:7.8㎞
面積:2.62㎢
人口:136人(平成27年)
船便スケジュール:始発8:00(高松)→8:20(女木島)、最終17:20(女木島)→17:40(高松)

≫詳しくはこちら≪

日本の海運を支えてきた
「粟島(あわしま)」

スクリューのようなかたちが特徴的な粟島。かつて北前船の寄港地として栄え、日本初の海員養成学校があったこの島には、見渡す限りの大自然が広がる。島に暮らす人々の温かさを感じながら、のんびり旅してみてはいかが?

粟島
周囲:16㎞
面積:3.68㎢
人口:216人(平成27年)
作品数:12(芸術祭の出品作品)
船便スケジュール:6:20(須田)→6:35(粟島)、19:30(粟島)→19:45(須田)

≫詳しくはこちら≪

江戸時代にドイツからやってきたシーボルトは、瀬戸内海の景観を見て次のように評した。「船が向きを変えるたびに魅せられたように美しい島々の眺めが現れ、島や岩島の間に見え隠れする本州と四国の海側の景色は驚くばかり……」今もなお、不変の美しさを見せてくれる瀬戸内を、今年こそめぐってみてはいかがだろう。

目利きが勧める瀬戸内3島トラベルガイド
– 豊島、女木島、粟島

・アートと暮らしが交わる
 「豊島(てしま)」
・実は鬼ヶ島だった⁉
 「女木島(めぎじま)」
・日本の海運を支えてきた
 「粟島(あわしま)」

文=編集部 写真=写真=西岡 潔
2019年8月号 特集「120%夏旅。」

香川のオススメ記事

四国エリアのオススメ記事

メールマガジン購読