ART

Souun♡の“読める”現代アート 白③
書道家・武田双雲の一日一画、“読める”現代アート

2020.1.31
Souun♡の“読める”現代アート 白③<br>書道家・武田双雲の一日一画、“読める”現代アート

書道家・武田双雲が、現代アーティスト・Souun♡として活動を開始したのは2018年から。その作品点数はすでに約500点を超え、2020年2月5日には自身初の個展「ピカソ、ごめん。」展が控えている。《書道家・武田双雲の「一日一画、“読める”現代アート」》ではそんな貴重な作品の一部をご紹介。

 

作品番号 274
愛情と花まるで埋め尽くされた「楽」。向かって左には「愛」、右には金墨で「楽」とある。「楽」の中心に花まるが描かれ、大地を潤す雨のごとく広がりを見せる。親から子への愛を表現した。
サイズ:F20(727×606㎜)/参考価格:132万円

作品番号 278
大いなる何か、偉大なる力はいつも光を届けてくれている。じっくり観ること。観られていることを観ること。そんな第六感を意識しつつ、手のひらを使って千手観音をイメージ。
サイズ:F50(1167×910㎜)/参考価格:330万円

作品番号 279
自分の心と書いて「息」。(Souun♡)「書」とアートが混在する作品。実は、肖像画だ。青の部分が目鼻口になっていて、書は場所に合わせて存在している。(プロデューサー)
サイズ:F40(1000×803㎜)/参考価格:264万円

作品番号 322
テーマは楽と雨。愛情たっぷりの雨。外に出て雨を浴びにいこうというメッセージとともに、自身を表したという墨生くんのキャラクターが哀愁を漂わせている。
サイズ:F50(1167×910㎜)/参考価格:330万円

作品番号 325
何色ものインクをチューブで勢いよく描いた「楽」。いつのまにか楽しい気持ちが楽園へと連れて行ってくれた。はじけるような明るい気持ちが表れた作品。
サイズ:F30(910×727㎜)/参考価格:198万円

作品番号 350
抽象画「楽」。重力を用いて色とりどりの線が引かれ、一番右には作者自身の手で墨汁の線が書かれた。人の一生には無数の選択肢がある。進む道すべてを楽しいと感じられるかは自信で決まる。個人蔵

作品番号 378
どんなにつらくても、うまくいかないときでも、豊かな心は奥に眠っているだけ。眠っていた豊かな心が目覚めた瞬間を、渋柿を発酵させた塗料「柿渋」を用いてダイナミックに描いている。
サイズ:F30(910×727㎜)/参考価格:198万円

作品番号 462
個性の花が咲き誇る世界を「楽」で表現。どんな色にも混じることのない赤、青、緑、黄を一画一画に大胆に使うことで、誰とも比べることのできない、個性を表している。
サイズ:F40(1000×803㎜)/参考価格:264万円

問:武田双雲アートプロジェクト事務局 souunart@gmail.com
作品についての問い合わせは作品番号をお知らせください。
また、掲載作品については2020年2月5日からの個展「ピカソ、ごめん」展にてご購入いただけます。
個展については、武田双雲ウェブサイトwww.souun.netをご確認ください。

文=相磯法子、中野貴子、宮崎沙織、編集部 写真=森田大翔

2020年1月号 特集「いま世の中を元気にするのは、この男しかいない。」

《書道家・武田双雲の「一日一画、“読める”現代アート」》
1|Souun♡の“読める”現代アート 黒
2|Souun♡の“読める”現代アート 白
3|Souun♡の“読める”現代アート 青
4|Souun♡の“読める”現代アート 赤
5|Souun♡の“読める”現代アート 黄
6|Souun♡の“読める”現代アート 緑
7|Souun♡の“読める”現代アート 七色
8|Souun♡の“読める”現代アート スーパー書画&陶芸

RECOMMEND

READ MORE

メールマガジン購読